ひめなべわり (姫鍋割)

 学名  Croomia japonica 
 和名  ヒメナベワリ 
 科名(和)  ビャクブ科 
  別名(和)   
 漢名  黃精葉鈎吻(コウセイヨウコウフン,huángjīngyè gōuwěn) 
 科名(漢)  百部科 
  別名(漢)  金剛大(jīngāngdà) 
 英名   


2008/04/29 東京山草会展示

 ナベワリ属 Croomia(金剛大屬・黃精葉鈎吻屬)には、日本に5種・中国に1種・北アメリカに1種がある。
   ナベワリ C. heterosepala
   ヒュウガナベワリ C. hyugaensis
   ヒメナベワリ C. japonica(黃精葉鈎吻・金剛大)
   シコクナベワリ C. kinoshitae
   C. pauciflora 
USAのフロリダ・アラバマ・ジョージア・ルイジアナに分布 
   コバナナベワリ C. saitoana  

 ビャクブ科 Stemonaceae(百部科)については、ビャクブ科を見よ。 

 「ナベワリは「なめわり」(舐め割り)という意味で、この葉には毒があるのでなめると舌が破裂するからだという」(『改訂増補牧野新日本植物図鑑』)。 
 漢名に含まれる「黃精」は、アマドコロ属 Polygonatum(黃精屬)の植物。

 日本(本州中国地方・四国・九州・奄美)・臺灣・中国(浙江・安徽・江西・福建)に分布。
 中国産のものは別種ともいう。 

 中国では、根茎・根を薬用にする。 


跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index