ひめじそ (姫紫蘇)

 学名  Mosla dianthera (M.grosseserrata, M.formosana) 
 和名  ヒメジソ 
 科名(和)  シソ科 
  別名(和)   
 漢名  薺薴(セイドウ・セイノウ,jìníng,せいねい) 
 科名(漢)  脣形(シンケイ,chúnxíng)科 
  別名(漢)  臭蘇、靑白蘇、小魚仙草、痱子草、假魚香、疎花薺薴、臺灣薺薴、臺灣香薷 
 英名   

 2008/09/11 入間市宮寺

 イヌコウジュ属 Mosla(石薺薴 shíjìníng 屬)については、イヌコウジュ属を見よ。

 薺薴(セイドウ・セイノウ,jìníng)を、日本では旧来「せいねい」と読み慣わすが、所謂百姓読みである。
 漢字の薺は、セイ jì と読めばナズナ、シ cí と読めばハマビシ。薺苨(セイデイ,jìnĭ)と熟せばツリガネニンジンの仲間、薺薴(セイドウ・セイノウ,jìníng)と熟せばヒメジソ。

 北海道・本州・四国・九州・琉球・朝鮮・極東ロシア・遼寧・吉林・陝西・華東・兩湖・兩廣・西南・臺灣・フィリピン・ベトナム・マラヤ・スマトラ・ヒマラヤおよびカフカスに分布。  

 中国では、根・茎・葉を 薺薴と呼び、薬用にする。


跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index