はまびし (浜菱) 

学名  Tribulus terrestis
日本名  ハマビシ
科名(日本名)  ハマビシ科
  日本語別名  
漢名  蒺藜(シツレイ,jílí)
科名(漢名)  蒺藜科
  漢語別名  茨・薋・薺(シ,cí)、刺蒺藜、三脚馬仔・三脚丁・三脚虎
英名  Puncture vine, Caltrop
2007/05/26 薬用植物園
2007/06/07 同上
2007/07/21 同上

 ハマビシ科 Zygophyllaceae(蒺藜科)には、22属 約325種がある。

  ユソウボク属 Guaiacum(愈瘡木屬)

  ハマビシ属 Tribulus(蒺藜屬)
 世界に約20種、日本に1種がある 
    T. cistoides(大花蒺藜)
広く熱帯地方に、中国では海南島・雲南に産 
    ハマビシ T. terresttris(蒺藜)

  Zygophyllum(駝蹄瓣屬)
    Z. mongolica(Tetraena mongolica;四合木)
    Z. xanthoxylum(Sarcoygium xanthoxylum;覇王)
          中国(北部・西北部)・蒙古の乾燥地帯に分布。根を薬用。 
    
 和名は、実の形が似てヒシに似て、海浜に生えることから。
 深江輔仁『本草和名』(ca.918)蒺梨子に、「和名波末比之」と。
 源順『倭名類聚抄』
(ca.934)蒺藜に、「和名波万比之」と。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』12(1806)蒺藜に、「ハマビシ
古今通名 シロヒシ古名 ヒシ勢州」と。
 漢名について。『爾雅』に「茨、蒺藜なり」と。李時珍は、「蒺は疾なり。藜は利なり。茨は刺なり。其の刺 人を傷つくや、甚だ疾(はや)くして利(と)し」と(本草綱目)
 広く世界の熱帯・温帯の海浜や内陸の乾燥地域に分布する。
 日本では本州
(千葉・福井以西)・四国・九州に分布、但し絶滅危惧ⅠB類。
 中国では全国各地に生育。
『中国雑草原色図鑑』123。
 漢名の薺は、セイ,jì と読めばナズナ、シ,cí と読めばハマビシ。
 漢方で種子を刺蒺藜(ししつり)・蒺藜子(しつりし)と呼んで薬用にするほか、嫩葉を食用にする。『中薬志Ⅱ』pp.202-205 
 乾燥した荒地にはびこり、果実のとげが人を刺し、ほとんど有用なところのないことから、(君子に対して)小人・役立たずの象徴。
 なお、日本で言う兵器のてつびし(鉄菱)を、漢語で鐵蒺藜と言う。
 『詩経』国風・鄘風(ようふう)牆有茨(しょうゆうし)に、「(かきね)に茨(いばら)有り、埽(はら)ふべからず」云々とある茨は、一説にハマビシとする。
 『楚辞』離騒に、「薋(し)・菉(りょく)・葹(し)を以て室を盈たすに、判として独り離れて服せず」と。薋はハマビシ・菉はカリヤス・葹はオナモミ、いずれも悪草である。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index