えぞのれんりそう (蝦夷連理草)

 学名  Lathyrus palustris (L.palustris ssp.pilosus, L.pilosus) 
 和名  エゾノレンリソウ 
 科名(和)  マメ科 
  別名(和)  セイヨウレンリソウ 
 漢名  毛山黧豆(モウサンレイトウ,máoshānlídòu) 
 科名(漢)  豆科 
  別名(漢)  歐山黧豆 
 英名   

2008/05/08 箱根湿生花園

 Lathyrus palustris(歐山黧豆) には、いくつかの亜種・変種を区別することがある。

  セイヨウレンリソウ ssp. palustris(歐山黧豆)
  ssp. exalatus(無翅山黧豆)
 中国(山西・西南・新疆・チベット)産 
      f. exalatus(無翅山黧豆)
      f. pubescens(微毛山黧豆)
  ssp. nudicaulis
  エゾノレンリソウ ssp. pilosus(毛山黧豆)『中国本草図録』Ⅸ/4197
    var. pilosus(毛山黧豆)
    var. linearifolius(綫葉山黧豆)
 中国(四川・雲南)産 
   
 ただし、大橋広好は、「エゾノレンリソウは非常に多型な種で、多くの種内分類群が命名されている。日本、中国・シベリア・極東ロシア・北アメリカに生育する形は、ヨーロッパの無毛形に対して有毛形であることで亜種または変種とされてきたが、ヨーロッパにも有毛形があり、明瞭には区別できない」と言う
(『改訂新版 日本の野生植物)

 レンリソウ属 Lathyrus(山黧豆shānlídòu屬)については、レンリソウ属を見よ。

  

 日本(北海道・本州・対馬)・朝鮮・中国(東北・内蒙古・山西・甘粛・青海・浙江)・モンゴル・ロシアに分布。 

  


跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index