だいこんそう (大根草) 

学名  Geum japonicum
日本名  ダイコンソウ
科名(日本名)  バラ科
  日本語別名  ノダイコン、ダイコンナ
漢名  日本水楊梅(ニホンスイヨウバイ,riben shuiyangmei)
科名(漢名)  薔薇(ショウビ,qiangwei)科
  漢語別名  藍布正(ランフセイ,lanbuzheng)、追風七、紅心草、路邊黄
英名  

2012/08/28 長野県 茅野市北山


2008/05/04 薬用植物園

2007/07/31 八王子市高尾
2007/05/10 薬用植物園

 ダイコンソウ属 Geum(路邊靑 lùbiānqīng 屬)には、世界に約50-70種がある。

  オオダイコンソウ G. aleppicum(路邊靑 lùbiānqīng・水楊梅)
         
『中国雑草原色図鑑』90
  アケボノダイコンソウ G. borisii
自然交雑種か。観賞用に栽培
  ミヤマダイコンソウ G. calthaefolium var. nipponicum
         (Acomastylis calthifolia var. nipponica)
         
ミヤマダイコンソウ属 Parageum(山邊靑屬)を立てることがある。
  ベニバナダイコンソウ G. coccineum
バルカン・小アジア産 
  ダイコンソウ G. japonicum(日本路邊靑・日本水楊梅)
    コダイコンソウ f. iyoanum
    ヤエザキダイコンソウ f. pleniflorum
    var. chinensis(柔毛路邊靑・南水楊梅・藍布正)
  カラフトダイコンソウ
(チシマダイコンソウ) G. macrophyllum var. sachaliense
         (G.fauriei, G.japonicum var.sachalinense, G.aleppicum
         var.sachalinense)
  G. montanum
ピレネー・アルプス・アペニン原産
  チングルマ
(イワグルマ) G. pentapetalum(Sieversia pentapetala)
         
チングルマ属 Sieversia(巖車木屬)を立てることがある。2種。 
         
和名は稚児車の転訛、花の形から(牧野富太郎)、
         あるいは集合痩果の形から(武田久吉『民俗と植物』)。
  G. pyrenaicum
ピレネー産 
  G. rivale(紫萼路邊靑)
 広く北半球の温帯に、中国では新疆に分布 
  コキンバイ G. ternatum(Waldsteinia sibirica, W.ternata;林石草)
         
日本(北海道・本州近畿以北)・朝鮮・中国(東北)・極東ロシア・東シベリア産 
         
コキンバイ属 Waldsteinia(林石草屬)を立てることがある。約6種。
  G. urbanum(西藏水楊梅・普提香)
Geum の基準種 歐洲・北アフリカ・中欧アジア産 
   
 バラ科 Rosaceae(薔薇科)については、バラ科を見よ。
 和名は、根生葉がダイコンの葉に似ることから。
 種は、日本(北海道・本州・四国・九州)・朝鮮・中国に分布。
 中国
(西北・河南・山東・華東・両湖・両広・西南)に産するものを var.chinensis として区別することがある。
 中国では、土産品の全草・根を藍布正と呼び、薬用にする。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index