ちょうじたで (丁字蓼)

学名  Ludwigia epilobioides (Jussiaea prostrata)
日本名  チョウジタデ
科名(日本名)  アカバナ科
  日本語別名  タゴボウ(田牛蒡)
漢名  假柳葉菜(カリュウヨウサイ,jiǎ liǔyècài)
科名(漢名)  柳葉菜(リュウヨウサイ,liǔyècài)科
  漢語別名  水丁香、丁子蓼
英名  
2009/08/13 入間市宮寺

2009/08/23 岐阜県大野郡白川村

2016/09/10 入間市宮寺
2009/09/26 入間市宮寺

 チョウジタデ属 Ludwigia(丁香蓼 dīngxiāngliǎo 屬)には、世界に72-85種がある。

  ケミズキンバイ L. adscendens(Jussiaea repens;水龍・過江藤)
         
 琉球・臺灣・中国(福建・江西・湖南・両広。雲南)・東南アジア・インド・豪州(北部)産
         『中国雑草原色図鑑』144
  L. caryophylla (細花丁香蓼)
  ヒレタゴボウ
(アメリカミズキンバイ) L. decurrens
         
USA東南部乃至アルゼンチン北部原産、本州・四国・九州に帰化
  L. epilobioides
    チョウジタデ
(タゴボウ) subsp. epilobioides(假柳葉菜・水丁香)
    ウスゲチョウジタデ subsp. greatrexii(L.greatrexii;毛盤黃花水丁香)
         
本州関東以西・四国・九州・琉球・臺灣産 
  L. grandiflora
    オオバナミズキンバイ subsp. grandiflora
 南米原産 
    ウスゲオオバナミズキンバイ subsp. hexapetala
 南米原産 
  タゴボウモドキ L. hyssopifolia (草龍)
旧世界の熱帯に分布。『中国雑草原色図鑑』145
  キダチキンバイ L. octovalvis(L.octovalvis var.sessiliflora;毛草龍)
         
高知県・種子島・琉球・小笠原・臺灣・華東・両広・雲南から世界の熱帯に産
         『中国本草図録』Ⅷ/3704
  ミズユキノシタ
(オキナワチョウジタデ) L. ovalis (卵葉丁香蓼・水虎耳草)
         
日本(本州・四国・九州・琉球)・済州島・臺灣・華東・湖南産 
  セイヨウミズユキノシタ L. palustris
  L. peploides
    コバノミズキンバイ subsp. peploides
    ミズキンバイ subsp. stipulacea(L.adscendens subsp.stipulacea,
         L.stipulacea;黃花水龍)
  ホソバタゴボウ
(ホソバチョウジタデ) L. perennis(L.parviflora) 旧世界の熱帯・亜熱帯原産
  L. prostrata(丁香蓼)
広西・雲南・インドシナ・ヒマラヤ・インドネシア・フィリピン産
  アメリカミズユキノシタ L. repens
USA東部乃至西インド諸島原産
    
   
 アカバナ科 ONAGRACEAE(柳葉菜科)については、アカバナ科を見よ。
 和名は、瓣が落ちた後の花の様子が チョウジに似ていることから。
 日本(本州・四国・九州・琉球)・朝鮮・臺灣・中国(東北・内蒙古・陝西・河南・山東・華東・両湖・両広・南西)・アムール・ウスリー・ベトナムに分布。
 中国では、全草を薬用にする。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index