ちからしば (力芝) 

学名  Pennisetum alopecuroides
日本名  チカラシバ
科名(日本名)  イネ科
  日本語別名  ミチシバ、タヌキノシリオ、カグマ、コマツナギ
漢名  狼尾草(ロウビソウ, lángwěicǎo)
科名(漢名)  禾本(カホン,heben)科
  漢語別名  ■{艸冠に戻}
英名  Chinese pennisetum

2008/09/11 入間市宮寺

2008/10/09 入間市宮寺

2005/10/24 さいたま市田島が原

 花穂の芒が、濃紫色のものをチカラシバ、緑色のものをアオチカラシバ、帯濃赤色のものをベニチカラシバと呼ぶ。
 チカラシバ属 Pennisetum(狼尾草属)には、世界の熱帯乃至暖帯に約100種がある。

   チカラシバ P. alopecuroides(狼尾草)
『中国雑草原色図鑑』317
   P. centrasiaticum(白草)
   P. flaccidum(P. centrasiaticum;白草)『中国雑草原色図鑑』317
   トウジンビエ P. glaucum(P.americanum, P.typhoidum;豫草・豫穀)
   ツリエノコロ P. latifolium
 南アメリカ原産
   P. orientale
     エダウチチカラシバ var. triflorum
 インドネシア乃至北アフリカ原産
   ナピアグラス P. purpureum(象草)
 熱帯アフリカ原産
   シマチカラシバ P. sordidum
   P.villosum 
    
 ミチシバ(道芝)と呼ばれるものには、ほかにカゼクサ・ハナビガヤ Melica onoei がある。
 芝については、シバを見よ。
 イネ科 Poaceae(Gramineae;禾本科)については、イネ科を見よ。
 和名は、根が強くて 簡単には引き抜けないことから。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』19(1806)狼尾草に、「チカラグサ チカラシバ ミチシバ キツネノツバナ イヌツバナ若州」と。
 日本・朝鮮・中国・東南アジアに分布。
 道芝については、カゼクサを見よ。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index