あかそ (赤苧)

学名  Boehmeria silvestrii (B. tricuspis sensu Makino)
日本名  アカソ
科名(日本名)  イラクサ科
  日本語別名  オロ
漢名  赤麻(セキマ,chìmá)
科名(漢名)  蕁麻(ジンマ,qianma)科
  漢語別名  
英名  
2009/08/20 新潟県糸魚川市親不知
蕾の雄花序
蕾の雌花序

2007/08/31 群馬県浅間高原   穂をなすものは花後の雌花序

 変種に、クサコアカソ(マルバアカソ) var. unicuspis がある。アカソは葉の先が三裂し、クサコアカソは三裂しない。
 コアカソ B. spicata は別種。
 アカソは宿根草で高50-80cm、コアカソは半低木で高1-2m。
 ヤブマオ属 Boehmeria(苧麻屬)については、ヤブマオ属を見よ。
 和名のソ、漢名の麻については、カラムシを見よ。(アカソとは、本来この植物から採った繊維をいう。)
 和名のアカ、漢名の赤は、茎・葉柄の色から。アオソ
(カラムシ)に対して謂う。ただし、クサコアカソ・コアカソも同様に赤い。 
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』11(1806)苧麻の条に、「一種アカソト呼者アリ、一名サゝヤキグサ キゝシグサ シゝヤキグサ皆同名アリ アカゞシラ豫州 アカダ仙台 タモ南部 クチエ同上 アカワタ越後」と。
 種小名 tricuspis は「三つの尖った頭のある」、葉の形から。
 日本(北海道・本州・四国・九州)・朝鮮・中国(遼寧・河北・山東・河南・陝甘・湖北・四川)・千島に分布。
 有性生殖型は、本州中部日本海側の山地に分布。
 多年草、高50-80cm。茎・葉柄は赤褐色を帯びる。
 茎の皮から繊維を採る。



跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index