あかしょうま (赤升麻) 

学名  Astilbe thunbergii var. thunbergii
日本名  アカショウマ 
科名(日本名)  ユキノシタ科
  日本語別名  
漢名  
科名(漢名)  
  漢語別名  
英名  
2010/04/11 神代植物公園

  2020/05/23 小平市玉川上水緑地
 


2007/06/02 神代植物公園
2007/06/19 小石川植物園

 Astilbe thunbergii には、次のような変種がある。

  アカショウマ var. thunbergii 本州(東北南部〜近畿)・四国に分布
    ウスベニアカショウマ f. rosea
  トリアシショウマ var. congesta(A.odontophylla,A.congesta)
 本州中北部・北海道に分布 
  ハナチダケサシ
(ミヤマチダケサシ) var. formosa 本州中部の亜高山帯・温帯に分布
  フジアカショウマ var. fujisanensis(A.fujisanensis) 神奈川・山梨・静岡に分布
  ハチジョウショウマ var. hachijoensis 伊豆七島に分布
  テリハアカショウマ var. kiusiana(A.kiusiana) 九州に分布
  ツクシアカショウマ var. longipedicellata 九州に分布
  ミカワショウマ var. okuyamae 愛知県に分布
  シコクトリアシショウマ var. shikokiana(A.shikokiana) 四国東部に分布
  ヒメアカショウマ var. sikokumontana(A.sikokumontana)
 四国中西部に分布 
  ヤクシマショウマ var. terrestris 屋久島に分布
   
 漢名を紅升麻(コウショウマ,hongshengma)というものは、中国産の Astilbe grandis、別名は大落新婦(タイラクシンフ,daluoxinfu)。
 チダケサシ属 Astilbe(落新婦屬)については、チダケサシ属を見よ。
 和名は、茎の基部乃至地下茎の色が赤いことから。
 ショウマ(升麻)という名については、「漢名を升麻というもの」を見よ。
 日本産、本州(東北南部から近畿)・四国に分布。
 日本では、アワモリショウマ・アカショウマ・トリアシショウマの根を 赤升麻と呼び、薬用にする。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index