ながいも (長芋) 

学名  Dioscorea polystachya (D.batatas, D.opposita)
日本名  ナガイモ
科名(日本名)  ヤマノイモ科
  日本語別名  ヤマノイモ・ヤマイモ、トロロイモ、イセイモ、シンシュウイモ
漢名  普通山藥(フツウサンヤク,putongshanyao)
科名(漢名)  薯蕷(ショヨ,shuyu)科
  漢語別名  山藥・家山藥・野山藥・懷山藥、薯蕷(ショヨ,shǔyù)、野山豆
英名  Chinese yam, Cinnamon yam
2005/08/11 薬用植物園

2005/08/12 清瀬市下宿

 ヤマノイモという言葉が指す内容について、植物学上の用語と農林水産省が用いる用語との間に差異がある。
学名 植物学用語 農林水産省の用語
Dioscorea japonica ヤマノイモ ジネンジョ
Dioscorea polystachya ナガイモ ヤマノイモ
 ここでは植物学の用語法に従い、D.japonica をヤマノイモと言い、D.polystachya
をナガイモと言う。   
 野生のヤマノイモ D.japonica と、栽培するナガイモ D.ploystachya との間には、雑種と思われる中間型があって、両者の区別は困難である(『週刊朝日百科 植物の世界』9-262)
 和名は、畑に栽培するサトイモ(里芋)に対して山芋といい、芋が長いので長芋という。
 漢名 山藥は、そのイモを薬用にすることから。
 芋・薯・藷は、いずれもイモ。薯蕷は、薯芋・薯藇・藷藇などとも書く。
 日本では、深江輔仁『本草和名』(ca.918)に、薯蕷は「和名也末都以毛」、薢は「和名止古呂」、萆解は「和名於尓止古呂」と。
 源順『倭名類聚抄』
(ca.934)に、署預一名山芋は「和名夜万都以毛、俗云山乃以毛」、零餘子は「和名沼加古」、薢は「和名土古呂」と。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』14下(1806)萆薢に「トコロ アマドコロ
委蕤ト同名 江戸ドコロ カンドコロ佐州」と、23薯蕷に「ヤマツイモ和名鈔 ヤマノイモ ナガイモ」「零余子 ヌカゴ古名薩州 ムカゴ メカゴ豫州 マカコ石州 ガコ筑前 クハンゴ同上 カゴモ防州 カグモ長州 イモカゴ三州 イモシカゴ常州 イモゴ佐州 クロメ相州 バンコ肥前」と。
 属名 Dioscorea は、紀元前1世紀のギリシアの医者ディオスコリデス Dioscorides に因む。
 アジア温帯の照葉樹林の原産、中国中南部に野生。日本には中世に渡来し、各地で栽培されている。
 ヤムイモ Yam(ヤマノイモ属の植物の塊茎)は、世界各地で古来重要な食用イモ。
 西アフリカにおけるB.C.50,000年ころからの出土物により、当時すでに野生ヤムが食用にされていたことが知られるという。
 B.C.3000年ころのヤムイモの栽培圏は二つあり、一は東南アジア、一は西アフリカ。
 日本では、近世に新大陸起源のサツマイモジャガイモが渡来する以前、ナガイモはサトイモとともに古来の代表的なイモであった。
 日本のナガイモは、イモ部分の形などによって、次の4種類に分れる。
   (1) 長薯。円柱形で細長く長50-100cm。東北地方・長野県など寒冷地で栽培。
   (2) 徳利薯・杵薯。短く太い棒状で長30cm程度。関東-関西で栽培。
   (3) 仏掌薯・いちょう薯(東京では「大和薯」と呼ぶ)。扁平で扇型。関東以西で栽培。
   (4) 大和薯・伊勢薯・豊後薯・つくね薯。
       球形ないし塊形で、粘りが強い。西日本暖地で栽培。
 ヤマノイモ属の根は、古来薬用にする。
 中国では、ヤマノイモ及びナガイモの根を山薬と呼び、薬用にする。日本薬局方、同。
『中薬志Ⅰ』pp.57-59 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ ナス オクラ ブルーベリー コマツナ ソバ ナシ 農産譜index