やまのいも (山芋) 

学名  Dioscorea japonica
日本名  ヤマノイモ ジネンジョ
科名(日本名)  ヤマノイモ科
  日本語別名  ジネンジョ(自然薯・自然生)
漢名  日本薯蕷(ニホンショヨ,ribenshuyu)
科名(漢名)  薯蕷科
  漢語別名  野山藥(ヤサンヤク,yeshanyao)
英名  Japanese yam
雌株  2005/08/11 薬用植物園

雄株  2006/08/13 神代植物公園
2008/08/19 薬用植物園
2009/10/29 神代植物公園

 ヤマノイモという言葉が指す内容について、植物学上の用語と農林水産省が用いる用語との間に差異がある。
学名 植物学用語 農林水産省の用語
Dioscorea japonica ヤマノイモ ジネンジョ
Dioscorea polystachya ナガイモ ヤマノイモ
 ここでは、前者に従い、D.japonica をヤマノイモと言う。   
 なお、野生するヤマノイモ D.japonica と、栽培するナガイモ D.polystachya の間には、雑種と思われる中間型があって、両者の区別は困難である(『週刊朝日百科 植物の世界』9-262)
 新しいAPGにおける被子植物の分類ついては、被子植物を見よ。
 ヤマノイモ科 Dioscoreaceae(薯蕷科)には、主に熱帯・亜熱帯に9-10属 約940種がある。

   ヤマノイモ属 Dioscorea(薯蕷屬) 
   Oxygyne(水玉環屬)
 西アフリカに1種 
   ホシザキシャクジョウ属 Salonia
   タシロイモ属 Tacca(蒟蒻薯屬)
 世界の熱帯に約15種 
   タヌキノショクダイ属 Thismia(水玉環屬)
   Trichopus(絲柄花屬)
 インド・マレーシアに1種 
  
  ヤマノイモ属 Dioscorea(薯蕷 shǔyù 屬)には、世界の熱帯・亜熱帯に600種以上がある。

  ダイジョ D. alata(參薯・大薯;E.Greater yam, Water yam)
  D. althaeoidea(蜀葵葉薯蕷・穿地龍・穿山龍・龍骨七)
       
 『雲南の植物Ⅰ』263・『中国本草図録』Ⅱ/0925
  ツクシタチドコロ D. asclepiadea
  D. atropurpurea 東南アジア熱帯に自生
  ニガカシュウ D. bulbifera(D.sativa;黄獨huángdú・黄藥子・零餘子薯蕷・雷公薯・
       綿萆薢・萆薢;E. Potato yam, Aerial yam)
『中国本草図録』Ⅱ/0926
    カシュウイモ cv. Domestica
  D. chingii(山葛薯)
  ソメモノイモ D. cirrhosa(D.rhipogonoides;薯莨・紅孩兒・朱砂蓮・山羊頭・
       山猪薯・茹榔・金花果・赭魁)
沖縄産。『倭名類聚抄』に為乃止々木と。
  D. collettii(叉蕊薯蕷・九子不離母・黄薑)
    var. hypoglauca(粉背薯蕷)
  D. decipiens(多毛葉薯蕷)
  D. deltoidea(三角葉薯蕷)
 『中国本草図録』Ⅱ/0927
  ハリイモ D. esculenta(D.fasiculata,Oncus esculenta;甘薯;
       E.Lesser yam, Chinese yam) 
東南アジア原産
  D. flabellifolia 東南アジア熱帯に自生
  D. fordii(山薯・土淮山)
  D. futschauensis(福州薯蕷・福建棉草薢・猴骨草)
  D. gibbiflora 東南アジア熱帯に自生
  D. glabra(光葉薯蕷・紅山藥・紅孩兒・野紅薯)
  D. globosa 東南アジア熱帯に自生
  タチドコロ D. gracillima(纖細薯蕷)
  D. grata(異塊莖薯莨)
  D. hamiltonii
東南アジア熱帯に自生
  D. hemsleyi(黏山藥)
  ドクヤム D. hispida(D.daemona;白薯莨・榜薯・野葛薯・山薯・山仆薯・板薯;
       E.Intoxicating yam)
 東南アジア熱帯に自生。『中国本草図録』Ⅱ/0928
  D. hypoglauca(粉背薯蕷・粉草薢・草薢) 『中国本草図録』Ⅹ/4943
  イズドコロ D. izuensis
  ヤマノイモ (ジネンジョ) D. japonica(日本薯蕷・野山藥)
  D. kamoonensis(毛芋頭薯蕷)
        var. henryi(高山薯蕷・穿山龍)
 『中国本草図録』Ⅴ/2425
  D. laurifolia 東南アジア熱帯に自生
  ルゾンヤマノイモ D. luzonensis 南西諸島(北大東島)・フィリピンに分布 
  D. melanophyma(黑芽珠薯蕷・黑彈子)
  D. myriantha 東南アジア熱帯に自生
  ウチワドコロ (コウモリドコロ) D. nipponica(穿龍薯蕷・穿山龍・穿地龍・地龍骨・
       金剛骨・鷄骨頭・野山藥・山常山)
       
『中国雑草原色図鑑』354、『中草薬現代研究』Ⅱp.227
    var. rosthani(柴黄薑)
  D. nummularia
  D. opposita → D. batatas
  D. orbiculata 東南アジア熱帯に自生
  D. owenii
東アジア松葉樹林帯に分布
  D. panthaica(黃山藥・薑黃草・黃薑・知母山藥・老虎薑)
        『雲南の植物Ⅱ』268・『中国本草図録』Ⅰ/0431
  D. papuana
  D. parviflora(小花薯芋・小花盾葉薯蕷)
 『雲南の植物Ⅱ』268
  アケビドコロ D. pentaphylla(五葉薯蕷)
  D. persimilis(褐苞薯蕷・山藥・土淮山) 東南アジア熱帯に自生。『中国本草図録』Ⅰ/0432
  D. piscatorum 東南アジア熱帯に自生
  D. poilanei(吊羅薯蕷)
  D. polyclados 東南アジア熱帯に自生
  ナガイモ
 (ヤマノイモ・ヤマイモ) D. polystachya(D.batatas, D.opposita;
       薯蕷 shǔyù・山藥・普通山藥・家山藥・山藥蛋;E.Chinese yam)
  D. prainiana 東南アジア熱帯に自生
  キールンヤマノイモ D. pseudo-japonica
 琉球・臺灣産 
  D. pyrifolia 東南アジア熱帯に自生
  カエデドコロ D. quinquelobata(D.quinqueloba)
  D. rhipogonoides → D. cirrhosa
  D. sativa → D. bulbifera
  キクバドコロ (モミジドコロ) D. septemloba(綿萆薢)
    シマウチワドコロ var. sititoana
  D. subcalva(毛膠薯蕷・粘山藥・粘狗苕・牛尾參) 『中国本草図録』Ⅹ/4944
  ヒメドコロ (エドトコロ) D. tenuipes(細柄薯蕷)
  オニドコロ (トコロ) D. tokoro(山萆薢・粉萆薢・萆薢・山草薢)
  D. yunnanensis(雲南薯蕷)
  D. zingiberensis(盾葉薯蕷・黃薑・火藤根)

 世界的には、この属の植物の塊茎をヤム(ヤムイモ;E.Yam;東南アジアで ubi)と呼び、イモとして食用にする。

  キイロギニアヤム D. cayenensis(D.rotundata;E.Yellow yam, Guinea yam)
       
アフリカ熱帯多雨林地帯で栽培
  クラスターヤム D. dumetorum
アフリカ原産
  ミツバドコロ D. trifida(E.Cush-cush, Yampi)
南アメリカ北部原産 
  
 和名は、畑に栽培するサトイモ(里芋)に対して山芋といい、野生するので自然生という。
 日本(本州・四国・九州・琉球)・臺灣・朝鮮・中国(淮河以南)に野生する。
 地下の多肉根を晩秋に掘出し、とろろ汁などにして食用にする。
 ヤマノイモ属の根は、古来薬用にする。
 中国では、ヤマノイモ及びナガイモの根を山藥と呼び、薬用にする。日本薬局方、同。

   梅若菜まりこの宿のとろゝ汁 
(芭蕉,1644-1694,「餞乙州東武行」。『猿蓑』1691)
   きくの露落て拾へばぬかごかな 
(同)
 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ ナス オクラ ブルーベリー コマツナ ソバ ナシ 農産譜index