げんげ 

学名  Astragalus sinicus
日本名  ゲンゲ 
科名(日本名)  マメ科
  日本語別名  レンゲ(蓮華)・レンゲソウ(蓮華草)・レンゲバナ、ゲンゲン・ゲゲバナ・ゲゲナ、デンソウ、タエンドウ、タブドウ。、シャカバナ、ホウゾウバナ・フウゾバナ、ホウトウゲ、ミヤコグサ、モウセングサ、コヤシグサ、ゴギョウ
漢名  紫雲英(シウンエイ, zǐ yúnyīng)
科名(漢名)  豆(トウ,dou)科
  漢語別名  沙蒺藜(サシツレイ,shajili)・草蒺藜(ソウシツレイ,caojili)、馬苕子(バチョウシ,mǎtiáozi)・苕子菜(チョウシサイ,tiáozicài)、米布袋(ベイフタイ,mibudai)、紅花草(コウカソウ,honghuacao)・花草(カソウ,huacao)・草子(ソウシ,caozi)、翹搖(ギョウヨウ,qiáoyáo)・翹饒(ギョウジョウ,qiáoráo)、苕饒(チョウジョウ,tiáoráo)
英名  Milk vetch
2010/04/09 入間市宮寺

2009/04/16 入間市宮寺
2007/04/29 野川公園自然観察園
2007/04/30 あきる野市留原

2005/05/04   埼玉県児玉町

 ゲンゲ属 Astragalus(黃耆・黃芪(コウキ,huángqí,おうぎ)屬)には、次のようなものがある。

   A. acaulis(無莖黃耆)
 『中国本草図録』Ⅷ/3645
   A. acberrimus (糙葉黃耆・粗糙紫雲英)
   A. aksuensis(阿克蘇黃耆)
   A. balfourianus (雪山耆)
   A. bhotanensis (地八角・球花紫雲英)
 『雲南の植物Ⅱ』132
   A. camptodensis(彎齒黃耆・滇棉耆)
   マルバノコゴメオウギ A. capillipes (毛細柄黃耆)
   キバナノモメンヅル A. chinensis (華黃耆・木黃耆・天津沙苑子)
         
中国(東北・華北)産。『中国本草図録』Ⅱ/0611・『中国雑草原色図鑑』98
   A. chrysopterus (金翼黃耆)
   ツルゲンゲ A. complatanus (扁莖黃耆・背扁黃耆・沙苑子・蔓黃耆・大沙苑・沙苑蒺藜・
         白蒺藜)『中薬志Ⅱ』pp.153-157、『中国本草図録』Ⅸ/4183・『中国雑草原色図鑑』98
   ムラサキオウギ A. dahuricus (達呼
(烏)里黃耆・野豆角花・興安黃耆)
         
朝鮮・中国(東北・華北・西北・四川)・蒙古・ロシア産。 『中国本草図録』Ⅵ/2673 
   A. degensis(窄翼黃耆) 『中国本草図録』Ⅷ/3646
   A. englerianus(長果頸黃耆・蒙自黃耆・恩氏黃耆)
   A. ernestii (梭果黃耆)
   A. floridus (多花黃耆) 『中国本草図録』Ⅷ/3647
   リシリオウギ A. frigidus(A.secundus;廣布黃耆)
   チャボゲンゲ A. galactites
   A. henryi(秦嶺黃耆)
   A. hoantchy(烏拉特黃耆・賀蘭山黃耆)
 『中国本草図録』Ⅹ/4643
   エゾモメンヅル A. japonicus(A.kurilensis)
北海道・千島産、北海道では絶滅危惧ⅠA類 
   A. josephii(沙基黃耆)
   カワカミモメンヅル A. kawakamii
南千島(択捉)産 
   A. kialensis(苦黃耆・西康黃耆) 雲南産。『中国本草図録』Ⅷ/3648
   A. kifonsanicus (鷄峰黃耆)
   ムラサキモメンヅル A. laxmannii(A.adsurgens, A.laxmannii var.adsurgens,
         A.fujisanensis;直立黃耆・直莖黃耆・斜莖黃耆・地丁・沙苑子)
         『中国本草図録』Ⅴ/2153・『中国雑草原色図鑑』97。
         
 日本では高山植物。『週刊朝日百科 植物の世界』4-307
     サイシュウモメンヅル var. alpinus
   A. lepsensis(天山黃耆・伊寧黃耆)
   A. licentianus(甘肅黃耆)
   A. mahoschanicus (馬河山黃耆)
   A. maowenensis (茂汶黃耆)
   シナガワハギモドキ A. melilotoides (草木樨状黃耆・草木樨状紫雲英)
          
長江以北に分布。『中国本草図録』Ⅶ/3169・『中国雑草原色図鑑』98
     var. tennuis(細葉黃耆)
 『中国本草図録』Ⅶ/3170
   タイツリオウギ
(キバナオウギ) A. mongholicus(A.membranaceus var.obtusus;
         膜莢黃耆・黃芪・蒙古黃耆・内蒙古黃耆・紅藍黃耆・白皮芪・綿黃耆卜奎芪・口芪)
         『中薬志Ⅰ』pp.451-456、『中国本草図録』Ⅴ/2154
   ヒナモメンヅル A. miniatus
   A. monadelphus (單體蕊樨) 『中国本草図録』Ⅷ/3649
   ナンコオウギ A. nankotaizanensis
   A. nivalis(雪地黃耆)
崑崙山脈産
   キバナゲンゲ A. nokoensis
   A. polycladus(多枝黃耆)
   A. prattii(短苞黃耆) 『中国本草図録』Ⅷ/3650
   A. przewalskii(黑紫花黃耆)
   モメンヅル
(フジオウギ) A. reflexistipulus
   シュミットソウ A. sachalinense
樺太・海馬島に分布
   コゴメオウギ A. satoi(小米黃耆)
陝西・甘粛・内蒙古産 
   ハイゲンゲ A. scaberrimus(糙葉黃耆・粗糙紫雲英)『中国雑草原色図鑑』99
   カラフトモメンヅル A. schelichovii
          
北海道・朝鮮・中国・ロシア(東シベリア・サハリン・カムチャツカ)産 
   シロウマオウギ A. shiroumensis
   A. sievesianus(綿果黃耆)
   ナルトオウギ A. sikokianus
 1950徳島県鳴門市で発見、野生絶滅。2003韓国で発見。中国に同種確認。 
   ゲンゲ
(レンゲソウ) A. sinicus (紫雲英・翹搖・沙苑子)
   A. skythropos(戚黃耆)
   A. sungpanensis(松潘黃耆)
   A. tanguticus(靑海黃耆)
   ダッタンモメンヅル A. tataricus (小果黃耆・皺黃耆)
         
中国(遼寧・内蒙古・華北・山西)産。『中国本草図録』Ⅹ/4644
   A. tatsinensis(A. yunnanensis var. tatsinensis;康定黃耆)
         
中国(西南)産。『週刊朝日百科 植物の世界』4-309
   A. tibetanus (藏綿耆・西藏黃耆・滇綿耆)
   トカチオウギ A. tokachiensis
北海道産、絶滅危惧ⅠB類 
   A. tongolensis (黑毛果黃耆・塘谷耳黃耆・白耆)
   ヤチオウギ A. uliginosus(濕地黃耆) 
『中国本草図録』Ⅱ0612
   カリバオウギ A. yamamotoi
北海道産、絶滅危惧ⅠB類 
   A. yunnanensis (雲南黃耆・黃花綿耆) 『中国本草図録』Ⅷ/3651 
    
 マメ科 LEGUMINOSAE(FABACEAE;豆科)については、マメ科を見よ。
 和名ゲンゲは、一説に 漢名翹揺の音の転訛という(牧野)
 レンゲ
(蓮華)は、花の形をハスの花に擬えて。
    
『跡見群芳譜』著者曰く、小生は1945長野県に生れ、東京都に育った者ですが、
      
ゲンゲという言葉は聞いたことがありません。レンゲは仏座としての蓮華座と思ってきました。
 漢名の属名「黃耆(コウキ,huángqí,おうぎ)」については、タイツリオウギの訓を見よ。
 中国(陝西・河南・江蘇・浙江・江西・福建・兩湖・兩廣・四川・貴州)に分布し、広く栽培する。
 日本には、『大和本草』
(1709)に記述があり、それ以前に渡来した。
 嫩葉を蔬菜として、花は塩漬けにして食用にし、全草を緑肥・飼料とする。
 また、根・全草・種子を薬用にする。
 『花壇地錦抄』(1695)巻四・五「草花 夏之部」に、「げんげ草 初。むらさきと白有。葉も花も、小藤の如ク」と。
 日本では、かつて徳川時代中期以後、刈入れ後の田んぼにレンゲの種を蒔き、翌年の春、田をおこすときに鋤き込んで緑肥とした。
 今日その風習が廃れたのは、一つには科学的に作られた窒素肥料が普及したこと、そして今一つには「田植えが機械化されたことである。以前、田植えの時期は、レンゲソウの花の終わる頃だった。大きく育ったイネの苗を、手で植えていたからである。しかし、田植えの機械化が進み、大きく育つ前のイネの苗を機械で植えるようになり、田植えの時期が早くなった。 そのため、レンゲソウの花の季節を待たずに、田んぼの土を起こし、田植えをする。すると、レンゲソウが育つ期間が短くなるので、レンゲソウ・パワーが十分に生かせない。結局、レンゲソウを栽培してもあまり役に立たなくなったのだ」
(田中修『雑草のはなし』2007)

   春の小川は さらさらいくよ。
   岸のすみれや れんげの花に、
   においめでたく 色うつくしく、
   咲けよ咲けよと ささやきながら。
    
 (文部省唱歌、1912;1942一部修正)
 


跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ ナス オクラ ブルーベリー コマツナ ソバ ナシ 農産譜index