びゃくぶ (百部) 

学名  Stemona japonica
日本名  ビャクブ
科名(日本名)  ビャクブ科
  日本語別名  
漢名  百部(ヒャクブ, bǎibù)
科名(漢名)  百部科
  漢語別名  蔓生百部(マンセイヒャクブ,manshengbaibu)、百部根、婆婦草(バフソウ,pofucao)、藥蝨藥(ヤクシツヤク,yaoshiyao)
英名  Stemona
2007/04/19 薬用植物園
2007/06/07 同上

2016/09/10 同上
 

2007/06/20 同上

2007/08/13 同上

2010/10/16 薬用植物園

 ビャクブ科 Stemonaceae(百部科)には、4属約35種がある。
   ナベワリ属 Croomia(金剛大屬) 
3種
   Pentastemona
スマトラに2種、Pantastemonaceae として独立させる意見がある
   ビャクブ属 Stemona(百部屬)
   Stichoneuron 
マレー半島乃至インド東北部に2種 
 ビャクブ属 Stemona(百部屬)には、東南アジア・オーストラリア北部に25種がある。
   ビャクブ S. japonica(百部・蔓生百部)
   S. mairei(雲南百部)
   S. parviflora(細花百部)
   タチビャクブ S. sessilifolia(直立百部)
   タマビャクブ S. tuberosa(大百部・對葉百部・野天門冬根・山百根)
         
 『中薬志Ⅰ』pp.210-216、『雲南の植物Ⅱ』268・『中国本草図録』Ⅶ/3410 
 深江輔仁『本草和名』(ca.918)百部に、「和名布止都良」と。
 源順『倭名類聚抄』
(ca.934)百部に「和名保止豆良」と。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』14(1806)百部に、「ホドヅラ
和名鈔」と。
 学名に「日本の」japonica とあるが、中国産。
 中国(山東・安徽・江蘇・浙江・福建・江西・兩湖・四川・陝西)に分布。
 日本には江戸時代に渡来、薬草園に栽培されたが、近年は見ない。
 本種・タチビャクブ・タマビャクブの根塊を百部と呼び、薬用にする。『中薬志Ⅰ』pp.210-216 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ ナス オクラ ブルーベリー コマツナ ソバ ナシ 農産譜index