ゆきやなぎ (雪柳) 

学名  Spiraea thunbergii
日本名  ユキヤナギ 
科名(日本名)  バラ科 
  日本語別名  コゴメバナ(子米花・糏花)・コゴメヤナギ、イワヤナギ、ニワヤナギ、エクボバナ
漢名  珍珠繡綫菊(チンジュシュウセンキク, zhēnzhū xiùxiànjú) 
科名(漢名)  薔薇(ショウビ,qiangwei)科
  漢語別名  珍珠花、噴雪花、雪柳
英名  Thunberg spiraea
2004/03/10 学内 2004/03/15 学内
2007/02/26 学内
2005/04/05 学内
2005/06/13 学内
2007/12/25 学内

 シモツケ属 Spiraea(繡綫菊属)の植物については、シモツケ属を見よ。
 和名ユキヤナギの、ユキは「枝の末に花多く集まり開くこと雪のごと」(貝原益軒)くであることから。ヤナギは葉の形から。
 中国(華東)原産、遼寧・山東・陝西などで栽培。
 日本でも古くから栽培。今日では、本州中南部・四国・九州の渓谷の岩場などに野生化している。
 



跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クマタケラン ハス カキツバタ ヒメカンゾウ ヒレアザミ ハス 跡見群芳譜トップ 花卉譜index