しゅうめいぎく (秋明菊) 

学名  Eriocapitella japonica (Anemone hupehensis var. japonica, A.japonica)
日本名  シュウメイギク
科名(日本名)  キンポウゲ科
  日本語別名  キブネギク(貴船菊)
漢名  秋牡丹(シュウボウタン, qiu1mu3dan1)
科名(漢名)  毛茛(モウコン,maogen)科
  漢語別名  
英名  Japanese anemone
2008/04/17 薬用植物園
2005/10/15 野川公園自然観察園

 E. hupehensis(打破碗花花 da3po4wan3hua1hua1・野棉花・湖北秋牡丹)は、英名は Hupeh anemone。(瓣ではなく萼)が一重、萼片は5枚、色は紅紫色。中国(西南・陝西・両湖・広西)に分布する。 
 シュウメイギクは、その重瓣品。中国で作られ、長江以南で栽培され、しばしば逸出して野生化している。萼片は約20-30枚
(花瓣は無い)、色は紅紫色。
 シュウメイギク属 Eriocapitella には、東アジア~ヒマラヤに約6種がある。

  E. hupehensis(Anemone hupehensis, A.hupehensis f.alba;
         打破碗花花 da3po4wan3hua1hua1・野棉花・湖北秋牡丹)
         
『中国本草図録』Ⅰ/0056・『週刊朝日百科 植物の世界』8-262)
    f. alba(木綿花)
 白花品。『雲南の植物Ⅱ』55
  シュウメイギク E. japonica(Anemone hupehensis var.japonica, A.japonica;秋牡丹)
  E. rivularis(Anemone rivularis(草玉梅・虎掌草・五朶雲・溪邊銀蓮花)
         
 『雲南の植物Ⅱ』55・『雲南の植物』85・『中国本草図録』Ⅱ/0554 
    var. flore-minore(小花草玉梅・破牛膝)『中国本草図録』Ⅶ/3075
  E. rupicola(Anemone rupicola(岩生銀蓮花) 『雲南の植物』88 
  E. tomentosa(Anemone tomentosa;大火草・大頭翁) 『中国本草図録』Ⅲ/1120)
  E. vitifolia(E.elegans, Anemone vitifolia:野棉花・満天星・野牡丹・接骨蓮・土白頭翁)
         
 『雲南の植物』89・『中国本草図録』Ⅴ/2080
   
 キンポウゲ科 Ranunculaceae(毛茛科)の植物については、キンポウゲ科を見よ。
 和名は、花が秋にさき、菊に似ていることから。キブネギクの名は、京都鞍馬の貴船に多かったから、あるいは貴船神社で発見されたから、などという。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』11(1806)漏蘆の条に、「沂州漏盧ハ即牡丹葉漏盧ナリ。秘伝花鏡ニハ秋牡丹 一名秋芍薬ト云。和名キブネギク京師 カウライギク讃州 八朔牡丹長州 アキ牡丹相州 カハギク紀州 カゞギク泉州 トウギク大和本草 紫衣ギク三才図会 ハマギク常州 シマギク越後 ムメウサウ南部 サツマギク濃州 カブラギク加州小松 カブロギク勢州山田 シウメイギク同上久井 クハンノンギク播州林田 ランギク同上立野 カラギク越前 クサボタン江州 …城州ニハ貴船山中ニ自生多シ。故ニキブネギクト云」と。
 シュウメイギクは、日本の北海道(道南)・本州(青森県以外)・四国・九州に野生している。ただし、室町時代に中国から渡来したものが、逸出帰化したものと考えられている。
 
var. hupehensis か
   2006/09/07 法善寺(長瀞町)
2008/09/11 羽村市

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クマタケラン ハス カキツバタ ヒメカンゾウ ヒレアザミ ハス 跡見群芳譜トップ 花卉譜index