はらん (葉蘭) 

学名  Aspidistra elatior
日本名  ハラン 
科名(日本名)  キジカクシ科
  日本語別名  バラン
漢名  蜘蛛抱蛋(チチュウホウタン, zhīzhūbàodàn)
科名(漢名)  天門冬(テンモンドウ,tianmendong)科
  漢語別名  一葉蘭(イチヨウラン,yiyelan)、大葉萬年靑、竹葉盤、九龍盤、一帆靑
英名  Aspidistra
2011/04/10 神代植物公園

2005/06/23 跡見学園女子大学新座キャンパス

2009/10/29 神代植物公園

 ハラン属 Aspidistra(蜘蛛抱蛋屬)には、中国・臺灣・ヒマラヤに約30種がある。
   A. attenuata(蓮葉蜘蛛抱蛋)
   A. caespitosa(叢生蜘蛛抱蛋)
   A. daibuensis(大武蜘蛛抱蛋)
   ハラン A. elatior(蜘蛛抱蛋・一葉蘭)
   A. fimbriata(流蘇蜘蛛抱蛋)
   A. hainanensis(海南蜘蛛抱蛋)
   A. lurida(九龍盤)
   A. minutiflora(小花蜘蛛抱蛋)
 『中国本草図録』Ⅱ/0911
   A. mushaensis(霧社蜘蛛抱蛋)
   A. omeiense(峨眉蜘蛛抱蛋)
 『中国本草図録』Ⅶ/3414
   A. tonkinensis(大花蜘蛛抱蛋)
   A. typica(卵葉蜘蛛抱蛋) 
 キジカクシ科(クサスギカズラ科) Asparagaceae(天門冬科)については、キジカクシ科を見よ。
 
 中国(長江流域・西南)原産といい(『全国中草薬匯編』)、観葉植物として中国全土で栽培。
 日本には古く渡来したという。一説に、鹿児島県大隅諸島(黒島)のものは自生であると。
 中国では、根茎を薬用にする。
 日本では葉を、生花・料理などに利用する。


跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クマタケラン ハス カキツバタ ヒメカンゾウ ヒレアザミ ハス 跡見群芳譜トップ 花卉譜index