のいばら (野茨) 

学名  Rosa multiflora var. multiflora
日本名  ノイバラ
科名(日本名)  バラ科
  日本語別名  ノバラ、ウバラ、ハナウバラ、シロイバラ、コモチイバラ、シロバラ、グイ
漢名  野薔薇(ヤショウビ,yeqiangwei) 
科名(漢名)  薔薇(ショウビ,qiangwei)科
  漢語別名  薔薇・蘼(ショウビ,qiangmi)、墻麻、多花薔薇(タカショウビ,duohua qiangwei)、營實(エイジツ,yingshi)、山棗、山棘・牛棘・刺■{艸冠に縻}・刺紅、牛勒、倒鉤刺、和尚頭、七姉妹
英名  Baby rose
2007/05/10 薬用植物園

2005/05/23 田島が原

2005/05/18  清瀬市中里
2004/07/31 同上 2005/10/16 同左
2007/12/25 薬用植物園
2006/02/19 同上 2006/02/23 秋が瀬公園
2006/03/23 清瀬市中里 2006/03/27 秋が瀬公園
 変種に、次のようなものがある。

  ツクシイバラ var. adenochaeta
  var. albo-plena(白玉堂)
  var. brachacantha(紅刺藤・小和尚頭・細葉紅根)
  var. catheyensis(粉團薔薇・野薔薇・白殘花))
  サクラバラ var. platyphylla(七姉妹)
  ショウノスケバラ(キンシイバラ) var. watsoniana
   
 よく似た植物として、テリハノイバラがある。
 バラ属 Rosa(薔薇 qiángwēi 屬)の植物については、バラ属を見よ。
 深江輔仁『本草和名』(ca.918)営実に、「和名宇波良乃美」と。
 源順『倭名類聚抄』
(ca.934)薔薇の条に、営実は「和名無波良乃美」と。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』14(1806)営実に、「ムバラノミ
和名鈔 ノイバラ以下、苗ノ名 シロイバラ サカヤニンドウ ニンドウイバラ コモチイバラ泉州 シロイゲ長崎。イゲハイバラノコトナリ ヲンナイバラ サクライバラ マガリグイ備前 アヲグイ伯州 カタラ雲州 ヨメグイ濃州 グイ讃州 野薔薇」と。
 漢名では、バラのうち、ノイバラなど小形の花を多数群れるようにつけるものを薔薇(ショウビ,qiangwei)と呼び、コウシンバラなど大形の花をつけるものを月季(ゲッキ,yueji)と呼んで区別する。
 和名には月季の名はなく、両者を混同して、一般にバラを薔薇と書き、ソウビ・ショウビと読む。
 漢名薔薇は、「此の草は蔓 柔らかく、靡いて墻の援けに依りて生ず。故に蘠(ショウビ,qiangmi)と名づく」と(本草綱目)
 なお、薔(ショウ,qiang)は、ショク・ソク,se と読めばヤナギタデ
 日本(北海道西南部・本州・四国・九州)・朝鮮・中国(河南・山東・江蘇)に分布。
 1784年 Thunberg が学界に紹介、1840年中国産の園芸品種がイギリスに入り、1862年日本産のノイバラがフランスに入る。
 爾後、蔓性や房ざき性の品種の育成に一役買った。
 中国では、実を營實と呼んで薬用にする(日本薬局方 同)。偽果を玉營實(ギョクエイジツ,yuyingshi)、堅果を營實仁(エイジツジン,yingshiren,えいじつにん)と呼ぶ。
 今日では、株を園芸品の台木にする。
 『万葉集』に、

   みち(道)のへ(邊)の うまら(荊)のうれ(末)に は(這)ほまめ(豆)
     からまるきみ(君)を はか(別)れかゆ(行)かむ (20/4352,丈部鳥)

とあるのは、ノイバラであろうという。

   花いばら古郷の路に似たる哉 
(蕪村,1716-1783)
   路たえて香にせまり咲
(さく)いばらかな (同)
   愁ひつゝ岡にのぼれば花いばら 
(同)

   しら露や茨の刺
(はり)にひとつづゝ (蕪村,1716-1783)
   茨老(おい)すゝき痩(やせ)萩おぼつかな (同)
 

   いばらの実赤くならむとするころを金瓶
(かなかめ)村にいまだ起き臥す
     (1945,齋藤茂吉『小園』) 
 
 欧米の文藝に登場するノバラは、ロサ・カニナか。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index