のぶどう (野葡萄) 

学名  Ampelopsis glandulosa var. heterophylla (A.brevipedunculata var.heterophylla)
日本名  ノブドウ
科名(日本名)  ブドウ科
  日本語別名  ザトウエビ(座頭えび)
漢名  蛇葡萄(シャホトウ, shépútáo)
科名(漢名)  葡萄(ホトウ,putao)科
  漢語別名  東北蛇葡萄(トウホクシャホトウ,dongbei sheputao)、山葡萄(サンホトウ,shanputao)・假葡萄・野葡萄・綠葡萄、見毒消(ケンドクショウ,jianduxiao)、蛇白蘞
英名  Amur ampelopsis
2020/05 小平市玉川上水緑地
2004/06/15 小石川植物園
2009/07/11 京都府立植物園
2009/08/13 入間市宮寺
2004/08/24 薬用植物園
2004/10/15 新座市中野
2008/11/13 神代植物公園
 ノブドウ属 Ampelopsis(蛇葡萄屬)には、アジア・北アメリカに約30種がある。

  A. aconitifolia(烏頭葉蛇葡萄・掌裂草葡萄・草白蘞・過山龍)
 『中国本草図録』Ⅰ/0193
    var. glabra(掌裂草葡萄・光葉草葡萄・獨脚蟾蜍)
 『中国本草図録』Ⅵ/2719
  A. artemisiaefolia(艾葉酸蘞藤・大九節鈴)
  A. bodinieri(藍果蛇葡萄・悶光蛇葡萄・上山龍・蘭葉野葡萄)
  A. cantoniensis
    ウドカズラ var. leeoides(A.leeoides;
         廣東蛇葡萄・粤蛇葡萄・山甜茶・藤茶)『中国本草図録』Ⅹ/4726 
    var. grossedentata(甜茶藤・田婆茶)
  A. delavayana(三裂葉蛇葡萄・綠葡萄・槭藤・五爪龍・五爪金・山葡萄・玉葡萄・紅赤葛)
         
 『雲南の植物Ⅱ』169・『中国本草図録』Ⅴ/2203
  A. glandulosa
    ノブドウ var. heterophylla(A.brevipedunculata var.heterophylla;
         蛇葡萄)
    テリハノブドウ var. hancei(A.brevipedunculata var.glabrifolia;
         光葉蛇葡萄)
  A. hummlifolia(葎葉蛇葡萄・七角白蘞・小接骨丹)
          『中国本草図録』Ⅸ/4229・『中国雑草原色図鑑』132
  カガミグサ(ビャクレン) A. japonica(A. serjaniaefolia;白蘞・五爪藤)
  A. megalophylla(大葉蛇葡萄・梅茶) 『中国本草図録』Ⅹ/4727
  A. sinica(野葡萄・獨正剛) 『中国本草図録』Ⅹ/4728
    var. hancei(光葉蛇葡萄・粉藤) 『中国本草図録』Ⅹ/4729 
    
 ブドウ属 Vitis(葡萄屬)については、ブドウ属を見よ。
 ブドウ科 VITACEAE(葡萄科)については、ブドウ科を見よ。
 ザトウエビのエビは、エビヅルで、葡萄類の通称。
 日本(北海道・本州・四国・九州・琉球)・朝鮮・中国(華東・両湖・両広・四川)・千島・樺太に分布。
 花期は7-8月。「果実は球形で淡緑白色から紫色を帯びて褐色となるが、多くはブドウタマバエ・ブドウトガリバガなどの幼虫が寄生し、虫こぶをつくる」
(世界大百科事典)
 実は、まずくて食えない。
 中国では、根皮を蛇葡萄と呼び、薬用にする。一説に、変種のニシキノブドウ var. elegans を薬用とし、利尿・解熱に用いる。
 また、同属の植物の多くを薬用にする。A. delavayana(三裂葉蛇葡萄・五爪龍)の根を綠葡萄と呼び、カガミグサ A. japonica の塊根を白蘞と呼ぶ、など。


跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index