なつぐみ (夏茱萸) 

学名  Elaeagnus multiflora
日本名  ナツグミ 
科名(日本名)  グミ科
  日本語別名  
漢名  木半夏(ボクハンカ,mùbànxià) 
科名(漢名)  胡頽子(コタイシ,hutuizi)科
  漢語別名  四月子(シガツシ,siyuezi)、牛脱(ギュウダツ,niutuo)
英名  Cherry elaeagnus
2007/04/10 小石川植物園
2008/04/05 秋が瀬

2021/04/09 小平市玉川上水緑地
 果実がやや大型の変種にトウグミ var. hortensis があり、なかでも大型のものをダイオウグミ(ビックリグミ) cv. Gigantea という。
 これらは、しばしば庭園などに植栽する。
 グミ科 ELAEAGNACEAE(胡頽子 hútuízǐ 科)には、3属 約40-55種がある。

   グミ属 Elaeagnus(胡頽子屬)
   シーベリー属 Hippophae(沙棘屬)
 ユーラシアに7種
     H. rhamnoides(沙棘・醋柳・酸刺)
 果実は食える。歐洲~中国(華北・西北・西南)産 
   Shepherdia 
北アメリカに3種
     S. argentea(E.Buffalo berry)
果実をジャムにす
     S. canadensis  
     S. rotundifolia
    
 グミ属 Elaeagnus(胡頽子 hútuízǐ 屬)には、ユーラシア・豪州・北米に約30-90種がある。

   E. angustifolia (E.oxycarpa;沙棗・銀柳・紅豆・尖果沙棗)
          
『中国本草図録』Ⅲ/1292・Ⅶ/3236
   ダンゴグミ E. arakiana(E.multiflora var.arakiana)
   E. argyi (佘山胡頽子)
   E. bockii (長葉胡頽子・猫奶子) 『中国本草図録』Ⅵ/2737
   E. conferta (密花胡頽子)
   E. difficilis(E.cuprea;巴胡頽子東・銅色葉胡頽子)
   クマヤマグミ
(キリシマグミ) E. epitricha
   E. formosana (臺灣胡頽子)
   ツルグミ E. glabra (E.glabra var.ovalifolia;蔓胡頽子・抱君子・桂香柳)
         『中国本草図録』Ⅹ/4757
   E. gonyanthes (角花胡頽子・吊中子藤)
         
 『雲南の植物Ⅲ』181・『中国本草図録』Ⅷ/3698
   E. henryi (宜昌胡頽子・紅鷄踢香)
 『中国本草図録』Ⅰ/0221
   ウラギンツルグミ E. hypoargentea
   E. lanceolata (披針葉胡頽子)
   E. loureirii (鷄柏紫藤・燈吊子)
   オオバグミ
(マルバグミ) E. macrophylla(大葉胡頽子)
   E. magna (銀果牛奶子・銀果胡頽子)
   アカバグミ
(オオバツルグミ) E. × maritima
   ハコネグミ E. matsunoana
   E. montana
     マメグミ var. montana
     ツクバグミ
(ニッコウナツグミ) var. ovata(E. nikoensis)
   E. multiflora
     ナツグミ var. multoflora(E.multiflora var.angustifolia;
         木半夏・四月子・牛脱) 『中国本草図録』Ⅵ/2738
     トウグミ var. hortensis
   アリマグミ E. murakamiana
   コウヤグミ E. numajiriana
   E. oldhamii (福建胡頽子)
   ナワシログミ E. pungens (胡頽子) 『中国本草図録』Ⅶ/3237
   オガサワラグミ E. rotundata
   E. stellipila (星毛胡頽子・馬奶子)『中国本草図録』Ⅹ/4758
   カツラギグミ E. takeshitae
   タイワンアキグミ
(リュウキュウツルグミ) E.thunbergii(E.liukiuensis;薄葉胡頽子)
   E. umbellata 
     アキグミ var. umbellata(牛奶子・甜棗・麥粒子)
        
『雲南の植物Ⅱ』168・『中国本草図録』Ⅰ/0222。本草綱目啓蒙32胡頽子条
     カラアキグミ var. coreana
     マルバアキグミ var. rotundifolia
   ヤクシマグミ E. yakushimensis
   ナツアサドリ E. yoshinoi 
    
 深江輔仁『本草和名』(ca.918)胡頽子に、「和名久美」と。
 源順『倭名類聚抄』
(ca.934)胡頽子に、「和名久美、一云毛呂奈里」と。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』
(1806)32胡頽子の条に、「一種ナツグミアリ、一名ヘソツキ播州 チゝモゝ同上 シホグミ勢州 ヤマグミ大和本草」と。
 和名ナツグミは、果実が秋に熟するアキグミに対して、6月に熟することから。
 日本(本州の近畿以北)・中国(河北・山東・華東・湖北・南西)に分布。
 果実は食用にし、酒を醸す。
 果実・根は薬用にする。
 
  赤々と色づきそめし茱萸
(ぐみ)の実は六月二日に十(とを)まり七つ
  くもり日の二日経
(ふ)れども茱萸の実の色づく早し悲しきろかも
  うつせみの吾
(わが)見つつゐる茱萸の実はくろきまで紅(あけ)きはまりにけり
    
(1935「胡頽子を愛する歌」,斎藤茂吉『暁紅』)
  秋茱萸のくれなゐの実は山がはの淵に立てればこの夕べ見つ
     (1936「上松発」,斎藤茂吉『暁紅』)
 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index