みそなおし (味噌直し)

 学名  Ohwia caudata (Desmodium caudatum, Catenaria caudatum)
 和名  ミソナオシ
 科名(和)  マメ科
  別名(和)  ウジクサ(蛆草)
 漢名  小槐花(ショウカイカ, xiao3huai2hua1)
 科名(漢)  豆(トウ,dou)科
  別名(漢)  拿身草、羊帶歸、山扁豆、粘人麻、黏草子、味噌草
 英名  


2016/09/10 薬用植物園

 ミソナオシ属 Ohwia(小槐花屬)には、アジアに2種がある。

  ミソナオシ O. caudata(Desmodium caudatumum;小槐花)
  O. luteola(Desmodium luteolum, D.sinoluteolum;淡黃小槐花)
雲南産 
   

 マメ科 LEGUMINOSAE(FABACEAE;豆科)については、マメ科を見よ。

 和名「味噌直し」は、「味噌がわるくなっても、この葉茎を入れると味を回復することができるという意味」(牧野富太郎『改訂増補新日本植物図鑑』)。漢名の「味噌草」も同意、『中国高等植物図鑑』は「葉は醤油などの中の蛆虫を殺すことができる」と説明する(和別名「蛆草」も同意)。
 漢名「拿身草・羊帶歸」は、「莢果が鈎状の短毛に被われ、人や動物にくっつくことから」(『全国中草薬滙編』)

 漢名を「槐・槐樹・槐花」と呼ぶものは、エンジュ。 

 日本(本州関東以西・四国・九州・琉球)・朝鮮・中国(華東・両湖・両広・西南・チベット)・臺灣・ベトナム・ミャンマー・マレーシア・スマトラ・ジャワ・インド・ヒマラヤ西部に分布。 

 中国では、根或は全草を薬用にする。


跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index