くすのき科  

 クスノキ科 Lauraceae(樟zhāng科)には、約31属約2000種がある。

   バリバリノキ属(カゴノキ属) Actinodaphne(黃肉楠屬)
 東・東南アジア・インドに約70種
     バリバリノキ
(アオカゴノキ) A. acuminata(Litsea acuminata;南投黃肉楠)
        
日本(本州千葉県以西・四国・九州・琉球)・臺灣に分布。 
     A. chinensis(豺皮黃肉楠・豺皮樟)
     A. cupularis(紅果黃肉楠・紅樹・紅果樟)
     カゴノキ A. lancifolia
       var. sinensis(揚子黃肉楠)
     A. lecomtei(柳葉黃肉楠・黃肉楠 huángròunán)
     A. obovata(倒卵葉黃肉楠)
     A. omeiensis(峨嵋黃肉楠)
     A. pilosa(毛黃肉楠・茶膠樹・刨花)
   Alseodaphne(油丹屬)
     A. hainanensis(油丹・黄丹・三次香・硬殻果)
   アカハダクスノキ属 Beilschmiedia(瓊楠屬)
 熱帯・オース寺リア・ニュージーランドに約300種
     B. brevipaniculata(短序瓊楠)
     アカハダクスノキ B. erythrophloia(臺瓊楠)
     B. intermedia(瓊楠・二色瓊楠)
     B. pahagensis
マレー産
     B. percoriacea(厚葉瓊楠)
     B. tsangii(網脈瓊楠)
   Caryodaphnopsis(桂果樟屬)
   スナヅル属 Cassytha(無根藤屬)
 約20種
     スナヅル C. fililormis(無根藤 wúgēnténg・過天藤・無根草)
       ケスナヅル var. duripraticola
     イトスナヅル C. pergracilis
   クスノキ属(ニッケイ属) Cinnamomum(樟zhāng屬)
   シナクスモドキ属 Cryptocarya(厚殻桂屬)
 熱帯・熱帯を中心に約200-250種
     シナクスモドキ C. chinensis(厚殻桂・銅鑼桂・香果)
『週刊朝日百科 植物の世界』9-85
     C. chingii(高殻果)
     C. concinna(黄果厚殻桂・黄果桂)
     C. densiflora(大果銅鑼桂・白面槁・硬殻槁・大葉樟)
     C. zollingeriana
インドシナ産
   マキミグス属 Dehaasia(蓮桂屬)
     D. cairocan(蓮桂)
   コウトウクスモドキ属 Endiandra(土楠屬)
     E. hainanensis(土楠)
   Iteadaphne(香面葉屬)
     I. caudata(香面葉)
   ゲッケイジュ属 Laurus(月桂屬)
   クロモジ属 Lindera(釣樟屬)
   ハマビワ属 Litsea(木薑子屬)
   タブノキ属 Machilus(楨楠屬)
   カイナングス属 Neocinnamomum(新樟屬)
     N. delavayi(N.parvifolium, Cinnamomum delavayi;新樟・少花新樟)
     N. lecomtei(N.hainanianum;海南新樟)
     N. mekongense(Cinnamomum delavayi var.mekongense;滄江新樟)
     N. yunnanense(滇新樟)
   シロダモ属 Neolitsea(新木薑子屬)
   Nothaphoebe(賽楠屬)
     N. cavaleriei(賽楠・西南賽楠・峨眉賽楠)
   Ocotea(甜樟屬)
アメリカ熱帯・亜熱帯・マダガスカル等に約350種
     O. caudata(南美樟)
   シロモジ属 Parabenzoin(假山胡椒屬)
   アボガド属(ワニナシ属) Persea(鰐梨屬)
     アボガド P. americana(鰐梨・樟梨・油梨)
 熱帯アメリカ原産
   タイワンイヌグス属 Phoebe(楠nán屬)
     P. bournei(Machilus bournei;閩楠・毛絲楨楠)
     P. chinensis(山楠・楠木)
     P. faberi(竹葉楠)
     P. formosana(臺楠)
     P. forrestii(長毛楠)
     P. hainanensis(茶槁楠・茶膏樹・長葉楠・海南楠木)
     P. kwangsiensis(桂楠)
     P. nanmu(楠木・滇楠・楨楠)
     P. neurantha(白楠)
     P. sheareri(柴楠・紫金楠・金心楠・金絲楠)
       var. omeiensis(峨嵋楠)
     P. zhennan(楠木)
『全國中草藥名鑑』: 『中国高等植物図鑑』等が楠木を P.nanmu
        
とするのは誤り、正しくは P.zhennan である、と。
   Pseudolitsea(假木薑子屬)
 北アメリカ・中国(中南部)・臺灣に各1種
   サッサフラスノキ属
(ランダイコウバシ属) Sassafras(檫木屬)
     サッサフラスノキ S. albidum
北アメリカ東部産
     ランダイコウバシ S. randaiense(臺灣檫木・巒大山檫木)
     S. tsumu(檫木・檫樹・南樹・梓樹・黄楸樹)
   Syndiclis(油果樟屬・白面柴屬)
     S. chinensis(白面柴)
     S. lotungensis(楽東白面柴) 
 クスノキ属 Cinnamomum(樟zhāng屬)の植物には、アジア熱帯・暖帯・オーストラリア北部に約250種がある。

   C. appelianum(毛桂・毛樟)
   C. austro-sinense(華南桂)
   C. austro-yunnanense(滇南桂)
   C. bejolghota(鈍葉桂・大葉山桂) 『中国本草図録』Ⅹ/4607
   C. bodinieri(猴樟・香樟・香樹・楠木・猴梜木)
   ジャワケイヒ C. burmanii(C.chinense;陰香・大葉樟・山玉桂・桂樹・八角)
        
スマトラ産、『中国本草図録』Ⅱ/0575・『週刊朝日百科 植物の世界』9-76
     var. angustifolium(f.heyneanum;狹葉陰香)
   クスノキ C. camphora(zhāng・香樟・芳樟・烏樟・樟木子)
     クスノキダマシ var. nominale(C.nominale;鳥樟・山鳥樟・臭樟・山臭樟・花樟)
臺灣産
     ホウショウ
 var. glaucescens(芳樟) 
   トンキンニッケイ(カシアケイ) C. cassia(桂樹・肉桂・牡桂・玉桂・官桂・陰香)
         
『中国本草図録』Ⅱ0576
   C. chingii(細葉香桂・月桂・細葉月桂・香樹皮・秦氏桂樹)
   マルバニッケイ(コウチニッケイ) C. daphnoides
   シバニッケイ C. doederleinii
 奄美・琉球に分布。 
   C. glanduliferum(臭樟・樟脳樹・樟樹・樟木・雲南樟)
 『中国本草図録』Ⅴ/2108
   C. glaucescens
ネパール産。『週刊朝日百科 植物の世界』9-66
   C. iners(大葉桂)
 『雲南の植物Ⅲ』46
   C. inunctum(油樟・香葉子樹・香樟)
     var. albosericeum(銀木)
     var. longepaniculatum(雅樟)
   ヤブニッケイ(メカツラ・マツラニッケイ・クスタブ・クロダモ) C. japonicum;日本桂)
         
『全國中草藥名鑑』によれば、 C.japonicum,C.pedunculatum,
         
C.insularimontanum,C.pseudoloureiii,C.chekiangense は同一種、天竺桂・桂皮
   ジャワニッケイ C. javanicum(爪哇肉桂)
   C. jensenianum(野黃桂・稀花樟)
   C. kwangtungense(紅辣槁樹・廣東樟)
   C. longepaniculatum(油樟・雅樟)
   C. mairei(川桂皮・桂皮・銀葉桂)
 『中国本草図録』Ⅵ/2511
   ショウギュウ C. micranthum(沈水樟・牛樟)
 臺灣産
   C. migao(米槁)
   C. mollifolium(毛葉樟)
   C. obtusifolium
ベトナム産
   ニッケイ C. okinawense(C.loureirii, C.sieboldii;肉桂)
   C. osmophloeum(臺灣土玉桂・土肉桂)
   C. parthenoxylum(C. porrectum;黄樟・香樟・香葉子樹・油樟) 『中国本草図録』Ⅹ/4608
   C. pauciflorum(少花桂)
   C. pittosporoides(刀把木)
   タイワンニクケイ C. pseudo-loureirii(山肉桂)
 臺灣産
   コヤブニッケイ(オガサワラヤブニッケイ) C. pseuso-pedunculatum
   ハマグス C. reticulatum(網脈桂)
臺灣産
   C. septentrionale(銀木・油樟)
   C. subavenium(香桂・桂皮)
   タマラニッケイ C. tamala(紫桂・米桂・三條筋樹)
   セイロンニッケイ(シナモン) C. verum(C. zeylanicum;錫蘭肉桂・斯里蘭卡肉桂)
   C. wilsonii(川桂・官桂・柴桂) 
 漢名を桂(ケイ,gui)と呼ぶ植物については、モクセイ属の訓を見よ。
 
 
 中国では、ジャワケイヒ C.burmanii(陰香)・C.chingii(細葉香桂)・C.wilsonii(川桂) の樹皮を、桂皮(天竺桂・月桂)として薬用にする。『中薬志Ⅲ』pp.442-445
 日本薬局方でケイヒ(桂皮,guipi)と呼ぶものは、トンキンニッケイの内皮。


跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index