こくてんぎ (黒檀木)

学名  Euonymus carnosus (E.tanakae, E.batakanensis)
日本名  コクテンギ
科名(日本名)  ニシキギ科
  日本語別名  クロトチュウ(黒杜仲)
漢名  肉花衞矛(ニクカエイボウ, ròuhuā wèimáo)
科名(漢名)  衞矛科
  漢語別名  野杜仲、四稜子
英名  
2008/05/22 薬用植物園
2007/12/25 薬用植物園
 ニシキギ属 Euonymus(衞矛屬)については、ニシキギ属を見よ。
 和名は、黒檀の木の転訛。
 ただし、黒檀
(こくたん)は、カキノキ属 Diospyros(柿樹屬)のうち、熱帯アジアに産する幾つかの樹木の総称で、良質な材であるいわゆる唐木(からき)の一。なかんづくコクタン(黒檀)と呼ばれるものは Diospyros ebenum、漢名は烏木(ウボク, wūmù)。いずれにせよ、コクテンギとは関係はない。
 日本(熊本・鹿児島・琉球)・臺灣・中国(安徽・江蘇・浙江・福建・両湖)に分布。
 中国では、本種及び E. grandiflorus(大花衞矛)の根を痰薬と呼び、薬用にする。また本種の樹皮を杜仲の代用にする。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index