いぬつげ 

学名  Ilex crenata
日本名  イヌツゲ
科名(日本名)  モチノキ科
  日本語別名  ツゲ、ヤマツゲ、オオツゲ、
漢名  波緣冬靑(ハエントウセイ,boyuandongqing)
科名(漢名)  冬靑科
  漢語別名  日本冬靑(riben dongqing)、鈍齒(ドンシ,dunchi)冬靑
英名  Japanese holly
2005/06/06 学内

雄株、雄花    2020/05/23 小平市玉川上水緑地
2005/07/16 学内 2020/10/13 小平市玉川上水緑地
2005/06/09 学内
 一般にツゲの名で庭に植えられる園芸樹木がこれである。
 ただし、植物学上のツゲ Buxus microphylla var. japonica は、まったくの別植物。ツゲの葉は対生、イヌツゲの葉は互生。
 園芸品種に、マメツゲ(マメイヌツゲ) cv.Bullata がある。
 モチノキ属 Ilex(冬靑屬, 英名 holly)の植物については、モチノキ属を見よ。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』(1806)32に、柞木は「イヌツゲ ヤドメ加州越州 ヨメガサラ ケヅラ江州 カシラケヅリ カシラケヅラ共同上 ガニノス播州 コメゴメ紀州、同名多シ ハマツゲ筑前 ビンカゞリ同上 ビンカゝ佐州 ビンカゝズ信州 ビンカラズ三才図絵 メハリギ土州 カシラツカミ同上 ネヂノキ」と。
 
 モチノキ属のほとんどの種から黐(もち)が採れるが、モチノキから採るものを本黐、タラヨウ・イヌツゲから採るものを青黐と呼んで区別する。
 『花壇地錦抄』(1695)巻三「冬木之分」に、「柘(つげ) 大つげハ葉大キクてわろし。こつげを上とス。  ひめつげ 葉こまかにして木もちいさし。故ニ草つげ共いふ。 白つげ 葉青白く大きし。やどめ 小つげの事也。葉色黒し」と。
 これらの内、大つげはイヌツゲ、ひめつげはヒメツゲであろう。
マメツゲ(マメイヌツゲ) cv. bullata
   2007/05/12 神代植物公園

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index