いちじく  

学名  Ficus carica
日本名  イチジク
科名(日本名)  クワ科
  日本語別名  トウガキ(唐柿)、ナンバンガキ(南蛮柿)
漢名  無花果(ブカカ,wúhuāguǒ,むかか)
科名(漢名)  桑(ソウ,sang)科
  漢語別名  映日果(エイジツカ,yìngrìguǒ)、蜜果、文先果、奶漿果、樹地瓜、明目果
英名  Common fig, Fig-tree
2007/04/12 明治薬科大学薬草園
2004/07/31 三芳町竹間沢
2005/08/30  新座市野火止
 イチジク属 Ficus(榕róng屬・無花果屬)には、世界の熱帯・亜熱帯を中心に約850-900種がある。

   F. abelii(石榕樹・水牛乳樹・牛奶子)
 『雲南の植物Ⅱ』159
   F. altissima(高山榕・大葉榕・大靑樹)
 『雲南の植物Ⅲ』162・『中国本草図録』Ⅷ/3527
   ホソバムクイヌビワ
(キングイヌビワ) F. ampelos
   F. auriculata(F.oligodon;大果榕・蘋果榕・無花果・饅頭果)
         
 『雲南の植物Ⅲ』165・『中国本草図録』Ⅹ/4555
   ベンガルボダイジュ F. benghalensis(孟加拉榕;E.Banyan tree)
インド原産
   アカメイヌビワ
(コウトウイヌビワ) F. benguetensis
   シダレガジュマル F. benjamina(垂葉榕・小葉榕・細葉榕・吊絲榕)
          
 『雲南の植物Ⅲ』164・『中国本草図録』Ⅹ/4556
   F. bhotanica(F.laceratifolia;裂葉榕・樹地爪) 『中国本草図録』Ⅵ/2541
   トキワイヌビワ
(オオトキワイヌビワ) F. boninsimae
   イチジク F. carica(無花果)
   オオバアコウ F. caulocarpa(F. stipulosa;大葉榕)
   F. chartacea(紙葉榕)
     var. torulosa(無柄紙葉榕)
   F. concinna(小葉榕)
   F. curtipes(鈍葉榕)
   F. cyrtophylla(歪葉榕)
 『雲南の植物Ⅲ』166
   インドゴムノキ F. elastica(印度膠樹)
   F. erecta
     イヌビワ
(イタビ) var. erecta(矮小天仙果)
     ケイヌビワ var. beecheyana(F.beecheyana;天仙果 tiānxiānguǒ)
   F. filicauda(尾葉榕)
   F. fistulosa(F.harlandii;水同木・尖尾榕)
   F. formosana(臺灣榕・長葉牛奶子) 『中国本草図録』Ⅹ/4557
     f. shimadai(狹葉臺灣榕)
   F. fulva(黄毛榕・大赦婆樹)
 『雲南の植物Ⅲ』167・『中国本草図録』Ⅸ/4075
   F. glaberrima(大葉水榕)
   F. hederacea(藤榕)
   F. henryi(尖葉榕)
 『雲南の植物Ⅲ』166
   F. heteromorpha(異葉榕・奶漿果)
 『中国本草図録』Ⅳ/1585
   F. heterophylla(山榕)
   F. hispida(對葉榕・牛奶子) 
『中国本草図録』Ⅰ/0028
   F. hookeriana(圓葉榕)
   オオヤマイチジク F. iidana
   ムクイヌビワ F. irisana
   F. ischnopoda(壺托榕)
   F. lacor(黄葛樹・雀樹・大葉榕・馬尾榕)
   F. laevis(平滑樹)
   F. langkokensis(靑藤公)
   F. macropodocarpa(F.stenophylla(竹葉榕・竹葉牛奶樹)
 『中国本草図録』Ⅹ/4560
   ガジュマル F. microcarpa(榕樹・細葉榕) 『中国本草図録』Ⅹ/4558
   F. neriifolia(F.gaspariniana;滇藏榕)
   F. nervosa(九丁樹・猪麻榕樹)
   オオトキワイヌビワ F. nishimurae
   F. obscura(歪葉榕・枇杷果・萬年果)
   F. orthoneura(假鈍葉榕)
   F. pandurata(琴葉榕) 『中国本草図録』Ⅹ/4559
     var. holophylla(金葉榕)
     var. angustifolia(條葉榕)
   オオイタビ F. pumila(薜荔・絡石藤・石龍藤・涼粉樹・木蓮・水饅頭)
          
『中薬志Ⅲ』pp.526-532、『中国本草図録』Ⅳ/1586。本草綱目啓蒙14下/390
   F. pyriformis(梨果榕・梨状牛乳子)
 『中国本草図録』Ⅴ/2045
   ウドンゲ F. racemosa(F.glomerata;聚果榕・優曇華)
   インドボダイジュ F. religiosa(思惟樹・菩提樹)
   F. sagittata(羊乳榕)
   F. sarmentosa(F.foveolata, F.reticulata)
     var. duclouxii(大果爬藤榕)
     var. henryi(珍珠蓮・冰粉樹)
     var. impressa(爬藤榕)
     var. lacrymens(尾尖爬藤榕)
     var. luduca(長柄爬藤榕)
       f. sessilis(無柄爬藤榕)
     イタビカズラ var. nipponica(F.nipponica;白背爬藤榕・巖柘榴)
     var. sarmentosa(匍莖榕 pújīngróng・爬崖藤・磨草・風不動・{手今}壁藤)
     ヒメイタビ var. thunbergii(F.thunbergii;少脈爬藤榕)
   F. semicordata(鷄嗉子果・山枇杷果)
   オオバイヌビワ F. septica(稜果榕)
   F. simplicissima var. hirta(掌葉榕・五指毛桃)
 『中国本草図録』Ⅱ/0526
   F. squamosa(肉托榕)
   F. subincisa(棒果榕)
   アコウ F. subpisocarpa(F.superba var.japonica;筆管榕・雀榕)
   F. subulata(錐葉榕)
   F. superba(F. wightiana;華麗榕)
   ヒメイタビ F. thunbergii(少脈爬藤榕)
   F. tikoua(地瓜・地石榴・地膽紫・地枇杷)
 『中国本草図録』Ⅵ/2542
   タイヘイヨウイヌビワ F. tinctoria
     var. gibbosa(斜葉榕) 『中国本草図録』Ⅱ/0527
   F. tsiangii(糙葉榕)
   ギランイヌビワ
(コニシイヌビワ) F. variegata
     var. chlorocarpa(靑果榕)
   F. variolosa(變葉榕・常綠天仙果)
 『中国本草図録』Ⅱ/0528
   F. vasculosa(白肉榕)
   F. virens(筆管榕)
     var. sublanceolata(黄葛樹) 『中国本草図録』Ⅸ/4076
   ハマイヌビワ F. virgata 
    
 クワ科 Moraceae(桑科)については、クワ科を見よ。
 和名イチジクは、本来イヌビワ(イタビ)の名、後に無花果をさす。
 イチジクの語言は不明(牧野)。一説に、映日果(yìngrìguǒ)の中国音の転訛か、という。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』(1806)27無花果に、「イチジク トウガキ筑前 ウドンゲ加州」と。
 ウドンゲ(優曇華)は、「優曇鉢・優曇婆羅の花」の省略形。優曇鉢・優曇婆羅は、サンスクリットの udumbara の音写、意味は「霊瑞・稀有」。想像上の植物で、三千年に一度花を開く、という。
 今日のウドンゲ Ficus racemosa(優曇華,youtanhua)は、インド原産の常緑高木。
 漢名の無花果は、明・汪穎『食物本草』に初見。
 映日果(yìngrìguǒ)は、ペルシア語の anjir の音写。
 小アジアまたはアラビア南部の原産。雌雄異株。
 B.C.2000ころ地中海地方で広く栽培される。
 日本には、寛永
(1624-1644)年間長崎に渡来。日本のイチジクは全て雌株、受粉せずに花嚢は熟す。
 中国では、果実・根を薬用にする。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index