はるにれ (春楡) 

学名  Ulmus davidiana var. japonica
日本名  ハルニレ
科名(日本名)  ニレ科
  日本語別名  ニレ、アカダモ、オダモ
漢名  春楡(シュンユ,chūnyú)
科名(漢名)  楡科
  漢語別名  山毛楡(サンモウユ,shanmaoyu)
英名  Japanese elm
2006/06/04 北大構内


 ニレ科 Ulmaceae(楡 yú 科)には、7属 約45-65種がある。

   ハリゲヤキ属 Hemiptelea(刺楡屬) 
1属1種
     ハリゲヤキ H. davidii(刺楡)
ケヤキに似るが枝に棘がある。朝鮮・中国に分布
   ニレ属 Ulmus(楡屬)
   ケヤキ属 Zelkova(欅屬) 
    
 ニレ属 Ulmus(楡 yú 屬)には、北半球温帯・アジア熱帯山地に約20種がある。

   アメリカニレ U. americana(美國楡)
   U. × androssowii var. virgata(毛枝楡・紅榔木)
 『中国本草図録』Ⅷ/3526
   U. bergmanniana(興山楡)
   U. castaneifolia(U.multinervis;多脈楡)
   U. changii(杭州楡)
   U. chenmoui(瑯琊楡)
   U. davidiana
     トウニレ var. davidiana(黑楡 hēiyú ・山毛楡)
 中国(遼寧・河北・山西)産
     ハルニレ
(ニレ) var. japonica(U.propinqua;春楡 chūnyú ・白楡・日本楡)
         
 春に開花『中国本草図録』Ⅳ/1583
     テリハニレ var. laevigata
   U. elongata(長序楡)
   U. gaussenii(醉翁楡・毛楡)
   セイヨウニレ U. glabra(E.elm)
   U. glaucescens(旱楡・灰楡・黄靑楡)
   U. kungmingensis(昆明楡)
   オヒョウ
(アツシ) U. laciniata(裂葉楡・大葉楡・靑楡)
   U. laevis(歐洲白楡)
   U. lamellosa(脱皮楡)
   U. lanceifolia(U.tonkinensis;常綠楡・滇楡・披針葉楡・越南楡) 『雲南の植物Ⅲ』156
   チョウセンニレ U. macrocarpa(大果楡・黄楡・毛楡・山楡・蕪荑)
 『中国本草図録』Ⅵ/2538
   U. microcarpa(小果楡)
   U. minor(U.densa;圓冠楡)
   アキニレ
(ニレケヤキ・カワラケヤキ) U. parvifolia(榔楡・小葉楡・秋楡・紅鷄油) 秋に開花
   U. prunifolia(李葉楡)
   U. pseudopropinqua(假春楡)
   U. pumila(・白楡・家楡・枌・白枌)
 朝鮮・中国(北部)・シベリアに自生,長江以南で栽培。
          『中国本草図録』Ⅵ/2539
   U. szechuanica(紅果楡)
   U. uyematsui(阿里山楡・臺灣楡) 
    
 深江輔仁『本草和名』(ca.918)楡皮に、「和名也尓礼」と。
 源順『倭名類聚抄』
(ca.934)楡に「和名夜仁礼」と。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』
(1806)31に、楡は「ヤニレ和名鈔 ニレ今名 ネリ越前 ネレ木曾」と。
 属名は、ケルト語の elm から。英名も同。
 日本(本州・北海道)・朝鮮・中国(東北・河北・山西・山東・河南・陝甘・安徽・浙江・湖北・青海)・千島・樺太に分布。
 樹皮から繊維をとり、縄・布・紙などを作る。嫩果は食用にする。
 材は、狂いが大きいので農具・土木材などに充て、また椎茸のほだ木・薪などに用いる。
 賈思勰『斉民要術』(530-550)巻5に「種楡・白楊」が載る。
『万葉集』に、

   ・・・
   足引の 此の片山の もむにれ
(楡)を 五百枝(いほえ)は(剥)ぎ垂り・・・
       (16/3886,読人知らず「乞食者(ほかひびと)の詠」)
 



跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index