えのき (榎・榎木) 

学名  Celtis sinensis (C.sinensis var.japonica)
日本名  エノキ
科名(日本名)  アサ科
  日本語別名  エ、エノミ
漢名  朴樹(ボクジュ,pòshù)
科名(漢名)  大麻(タイマ,dama)科
  漢語別名  
英名  Japanese hackleberry

2021/03/29 小平市玉川上水緑地
雄花と両性花
 

2006/04/13 秋ケ瀬公園
 
2007/04/21 入間市宮寺
 

2021/04/07 小平市玉川上水緑地 2021/04/20 同左

2007/07/19 森林公園 2008/08/08 さいたま市秋が瀬

2006/08/21 秋ケ瀬

 2020/10/21 小平市玉川上水緑地

2006/12/03 神代植物公園

2006/10/19 神代植物公園

 エノキ属 Celtis(朴 pò 屬)には、世界に約70-100種がある。

    C. biondii
     コバノチョウセンエノキ
(サキシマエノキ) var. biondii(C.leveillei;
         紫彈朴・紫彈樹・黃果朴)
         
日本(本州近畿以西・四国・九州)・朝鮮・臺灣・中国(河南・陝甘・華東・湖北・両広・西南)産 
     チュウゴクエノキ var. holophylla
本州(中国)・九州産 
     サキシマエノキ var. insularis
琉球産 
   クワハノエノキ
(オガサワラエノキ・ムニンエノキ) C. boninensis(C.liukiuensis, C.koidzumii)
         
山口・九州西部・琉球・小笠原産 
   トウエノキ C. bungeana(黑彈朴・小葉朴・棒棒樹)
遼寧・華北・西北・華東・両湖・西南産 『雲南の植物Ⅱ』157
   C. cerasifera(小果朴・櫻果朴)
   C. chekiangensis(天目朴樹)
   エゾエノキ C. jessoensis
日本(北海道・本州・四国・九州)・朝鮮・中国(東北)産 
   C. julianae(珊瑚朴・棠殻子樹・沙棠子)
   C. koraiensis(大葉朴)
   アメリカエノキ C. occidentalis
   コウトウエノキ C. philippensis(C.collinsae, C.wightii;
         菲律賓朴樹・鐵靈朴・蘭嶼沙朴・油朴・香膠木)
   C. reticulata(網朴)
   エノキ C. sinensis(C.tetrandra ssp.sinensis, C.nervosa, c.bodinieri, C.labilis,
          C.cercidifolia;朴樹・黃果朴)
   シズイエノキ
(タイワンエノキ) C. tetrandra(C.formosana, C.kunmingensis;
         四蕊朴・昆明朴)  『雲南の植物Ⅱ』157『雲南の植物Ⅲ』155
   C. timorensis(C.cinnamomea;假玉桂・玉桂朴)
   C. vandervoetiana(西川朴)
    
 アサ科 Cannabaceae(大麻科)については、アサ科を見よ。
 和名の語源は、諸説あるが不明。
 日本では、朴をホオノキにあてるが、誤り。
 同じく、エノキに榎をあてるが、これも誤り(夏に大きく枝を張ることから連想したものか)。漢名を榎(カ,jia)というものは、キササゲ
 源順『倭名類聚抄』(ca.934)榎に「和名衣」と。
 日本(本州・四国・九州)・朝鮮・臺灣・中国(河南・山東・華中・両湖・両広・西南)・インドシナに分布。
 樹皮から繊維を取り、根皮は薬用にする。果実は食え、油を搾り潤滑油に用いる。
 『万葉集』に、

   我が門
(かど)の榎(え)の実もり喫(は)む百(もも)千鳥
     千鳥は来れど君そ来まさぬ
(16/3872,読人知らず)
 
 吉田兼好『徒然草』第45段に、「公世(きんよ,藤原公世,bef.1282-1301)の二位のせうとに、良覚僧正と聞えしは、極てはら(腹)あしき人なりけり。坊の傍に、おほ(大)きなる榎の木のありければ、人、榎木僧正とぞい(言)ひける。この名然べからずとて、かの木をき(伐)られにけり。その根のありければ、きりくひの僧正といひけり。いよいよはら立て、きりくひをほ(掘)り捨たりければ、その跡おほきなる堀にてありければ、堀池僧正とぞいひける」と。

   榎
(え)の実ちるむくの羽音や朝あらし (芭蕉,1644-1694)

   榎
(えのき)野分(のわき)して浅間の煙余所(よそ)に立(たつ) (蕪村,1716-1783)
 
 大型の樹木で遠くから見えるのと、夏に大きな緑陰を作るので、道路わき・村外れなどによく植えられた。道祖神のご神木にされたほか、江戸時代には、街道の一里塚にこれを植えた。

 縁切り・縁結びの効能と結び付けられることも多い。和宮が徳川慶喜に降嫁したとき、その行列は、中山道最後の宿、板橋宿
(板橋区板橋)の外れにある縁切り榎を迂回した。

 王子
(北区)の稲荷神社の大エノキのもとには、毎年大晦日の日に関八州の狐が集まって狐火を灯したといい、その火を見て翌年の農作の豊凶を占ったという。 

板橋宿の縁切り榎
(場所は移り、木は
  代替わりしている)



跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index