どくうつぎ (毒空木)

学名  Coriaria japonica
日本名  ドクウツギ
科名(日本名)  ドクウツギ科
  日本語別名  イチロベゴロシ
漢名  
科名(漢名)  
  漢語別名  
英名 (English Name)  
2007/06/19 小石川植物園
 ドクウツギ科 Coriariaceae(馬桑 mǎsāng 科)には、次の1属がある。


 ドクウツギ属 Coriaria(馬桑 mǎsāng 屬)には、世界に約15-17種がある。

  C. intermedia(臺灣馬桑) 臺灣・フィリピン産
  ドクウツギ C. japonica
  C. myrtifolia 地中海地方産
  C. napalensis(C.sinica;馬桑 mǎsāng・柴桑・鬧魚兒・烏龍鬚)
        陝甘・湖北・西南・チベット・ヒマラヤ産。
        
『中国本草図録』Ⅱ/0680・『雲南の植物Ⅱ』85・『週刊朝日百科 植物の世界』8-295
  C. terminalis(草馬桑)
        四川・雲南・チベット・・ヒマラヤ産。『週刊朝日百科 植物の世界』8-295 
    
 和名を何々空木と呼ぶ植物については、ウツギを見よ。
 日本の、本州(近畿以北)・北海道に分布。埼玉県では絶滅危惧ⅠA類(CR)。
 果実は初め赤く、のち黒紫に熟す。有数の有毒植物であり、果実は「甘い汁を含む。もし誤って食べると毒で死ぬ」と
(牧野)
 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
跡見群芳譜トップ モクゲンジ イチイ アブラチャン タチバナ イロハカエデ 樹木譜index