やくち (益智)

学名  Alpinia oxyphylla
日本名  ヤクチ
科名(日本名)  ショウガ科
  日本語別名  
漢名  益智(エキチ,yizhi,やくち)
科名(漢名)  薑(姜,キョウ,jiang)科
  漢語別名  
英名  
2008/05/24 東京薬科大学薬草園 (温室)
『週刊朝日百科 植物の世界』10-180参照

 ハナミョウガ属 Alpinia(山薑屬)については、ハナミョウガ属を見よ。
 李時珍『本草綱目』(ca.1596)益智の釈名に、「脾は智を主る。此の物、能く脾・胃を益する故なり」と。
 中国の、廣東(雷州半島)・海南島に分布。
 中国では、果実を益智仁・益智子と呼び、薬用にする。『中薬志U』pp.336-339(Alpinia sp.) 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index