やぐるまぎく (矢車菊) 

学名  Centaurea cyanus
日本名  ヤグルマギク 
科名(日本名)  キク科
  日本語別名  ヤグルマソウ
漢名  矢車菊(シシャキク,shicheju)
科名(漢名)  菊(キク,ju)科
  漢語別名  藍芙蓉(ランフヨウ,lanfurong)
英名  Corn flower
2007/04/13 三芳町竹間沢

 野生種は濃い青紫色、園芸品種はピンク・朱色・白などさまざま。
 ヤグルマギク属 Centaurea(矢車菊屬)には、次のようなものがある。
   アザミヤグルマ C. americana(大矢車菊) 
北アメリカ原産
   ヤグルマギク C. cyanus(矢車菊・藍芙蓉) 
南ヨーロッパ・西アジア原産
   C. dealbata 
カフカス原産
   タイリンアザミ C. monanthos(Rhaponticum unifloruim;漏蘆・祁州漏蘆・
        獨花山牛蒡・和尚頭・大腦袋花)
        
Rhaponticum は漏蘆屬。『中薬志Ⅰ』pp.498-503。漏蘆についてはヒゴタイを見よ。
   ヤマヤグルマギク C. montana(山矢車菊) 
ヨーロッパ乃至カフカス原産
   スイートサルタン C. moscata(香矢車菊・香蓉)
   イェローサルタン C. suaveolens
カスピ海沿岸原産。『朝日百科 世界の植物』1-142 
 キク科 Compositae(菊科)の植物については、キク科を見よ。
 
 南ヨーロッパ・西アジア原産。明治時代に園芸用に導入、まれに逸出している。
 
   にほやかに君がよき夜ぞふりそそぐ白き露台の矢ぐるまの花
     
(北原白秋『桐の花』1913)
 
2005/06/04  森林公園

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index