つぼみおおばこ (蕾大葉子)

学名  Plantago virginica
日本名  ツボミオオバコ
科名(日本名)  オオバコ科
  日本語別名  タチオオバコ
漢名  北美車前(ホクビシャゼン,beimeicheqian)
科名(漢名)  車前科
  漢語別名  
英名  (White) dwarf plantain
2005/05/22 野川公園(調布市)
2007/05/10 小平市

 ツボミオオバコ P. virginica(北美車前)の称謂に揺れは無い。しかしその花の形について、書物によりやや異なった説明がなされている。
 山崎敬
(『日本の野生植物 V』)によれば、「花冠は長さ2.5-3mm、淡黄褐色で4深裂し、裂片は横に開かず、直立して、果期にも残っている。雄蕊は花冠内にあって花外に出ない。…和名は花冠裂片が開出しないので、いつまでもつぼみの状態だとたとえていう」という。
 邑田仁
(『日本の帰化植物』)によれば、「稔性花と不稔性が別株につくかまたは混在する。…花冠裂片は乾膜質半透明で淡褐色、不稔花では平開、稔性花では筒部より長くて直立し、果時まで宿存する。葯は細長い花糸について花冠から飛び出し、淡紫褐色で目立つ」という。
 オオバコ属 Plantago(車前屬)の植物については、オオバコを見よ。
 
 北アメリカ原産。ハワイ・アジアに帰化。
 日本では、1913年に初報告。今日では、本州
(関東北部以西)・四国・九州に分布。
 中国では、江蘇・浙江に帰化。
 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index