とんきんにっけい (東京肉桂)

学名  Cinnamomum cassia
日本名  トンキンニッケイ
科名(日本名)  クスノキ科
  日本語別名  ケイ(桂)、カシア、カシアクスノキ
漢名  肉桂(ニクケイ,rougui)
科名(漢名)  樟(ショウ,zhang)科
  漢語別名  桂樹、牡桂(ボウケイ,mugui)、官桂、玉桂(ギョクケイ,yugui)・玉樹、陰香、菌桂、桂丁
英名  Cassia, Cassia-bark tree
2007/05/22 小石川植物園

 クスノキ科クスノキ属 Cinnamomum(樟属)の植物については、クスノキ属を見よ。
 和名のトンキン(東京)は、ベトナム(越南)のハノイ(河内)
 カッシア Cassia は、ラテン語から。
 中国(浙江・福建・兩廣)・インドシナに分布。
 漢方では、本種の樹皮をカシア cassia bark(桂皮,ケイヒ,guipi)といい、シナモンの代用として 薬用・香料にする。中国では、桂枝(直径1cm以下の枝)と肉桂(厚い幹皮)を用い、日本では、内皮を剥いで乾燥したものを用いる。
 そのほか、未成熟の果実と膨らんだ花萼を肉桂子(桂子)と呼び薬用にする。また茎葉などを蒸留して桂油
(桂皮油) cassia oil を採り、香料・薬用にする。『中薬志』Upp.123-125・Vpp.419-422,540 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index