せいようのこぎりそう (西洋鋸草) 

学名  Achillea millefolium
日本名  セイヨウノコギリソウ
科名(日本名)  キク科
  日本語別名  
漢名  洋蓍草(ヨウシソウ,yangshicao)
科名(漢名)  菊(キク,ju)科
  漢語別名  千葉蓍(センヨウシ,qianyeshi)、多葉蓍(タヨウシ,duoyeshi)、鋸草(キョソウ,jucao)
英名  Common yarrow, Milfoil
2008/07/24 長野県立科町


 ノコギリソウ属 Achillea(蓍屬)については、ノコギリソウを見よ。
 キク科の植物については、キク科を見よ。
 
 ヨーロッパ・コーカサス・イラン・シベリア・ヒマラヤ原産、広く世界の温帯・寒帯に帰化。
 明治時代から北海道では牧草地の雑草、1900年頃観賞用に導入、第二次世界大戦後帰化が確認され、今では全国に分布する。
 芳香があり、ハーブティーなどに用いる。
 中国では、全草を洋蓍草と呼び薬用にする。

cv. Lilac Beauty   2005/07/11   三芳町竹間沢


跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index