せいたかあわだちそう (背高泡立草) 

学名  Solidago altissima
日本名  セイタカアワダチソウ
科名(日本名)  キク科
  日本語別名  セイカタアキノキリンソウ、ヘイザンソウ(閉山草)
漢名  北美一枝黄花(ホクビイチシコウカ,beimeiyizhihuanghua)
科名(漢名)  菊(キク,ju)科
  漢語別名  高莖一枝黄花
英名  Tall golden-rod
2005/10/24 さいたま市田島が原
2006/05/06 薬用植物園
 アキノキリンソウ属 Solidago(一枝黄花屬)については、アキノキリンソウ属を見よ。
 キク科の植物については、キク科を見よ。
 和名は、大型のアワダチソウ。ヘイザンソウとは、第二次世界大戦後 九州で閉山した炭鉱に繁殖したことから。
 北アメリカ原産。明治時代に観賞用に導入、第二次世界大戦後 関西地域から野生化した。
 「関東南部から西の各地で勢力を振るう多年草がセイタカアワダチソウである。休耕田や適度に湿った休耕畑には、三〜四年のうちにこれにおおわれた例が多い。多年草期においてススキやネザサと競争するのをしばしば見かける。乾燥した場所ではススキが徐々にセイタカアワダチソウを抑えるが、湿ったところではセイタカ優占の状態はかなり長く保たれる。これはセイタカアワダチソウの生活型の有利さのほか、浸出する他感作用(アレロパシー)物質のためでもあると考えられている。」(沼田真・岩瀬徹『図説 日本の植生』1975)
 花粉病の原因植物というのは俗説。



跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index