おおあれちのぎく (大荒地野菊) 

学名  Conyza sumatrensis (=Erigeron sumatrensis)
日本名  オオアレチノギク
科名(日本名)  キク科
  日本語別名  
漢名  
科名(漢名)  
  漢語別名  
英名  Tall fleabane
2006/12/14 神代植物公園
2006/08/13 神代植物公園
2006/08/13 神代植物公園
2006/08/21  新座市大和田

 従来ムカシヨモギ属 Erigeron(飛蓬屬)に入れていたが、近年はイズハハコ属 Conyza(白酒草屬)を立てる。 
 イズハハコ属 Conyza(白酒草屬)には、次のようなものがある。
   C. blinii(苦蒿・小苦蒿・魚膽草・金龍膽草・苦艾・勁直假蓬)
   アレチノギク
(ノジオウギク) C. bonariensis(Erigeron bonariensis;
         野塘蒿・香絲草・小山艾・火草苗;E.Hairy fleabane, Bona conyza)
         
 南アメリカ原産。『中国本草図録』\/4356・『中国雑草原色図鑑』244
   ヒメムカシヨモギ C. canadensis(Erigeron canadensis;小白酒草・小飛蓬・
         加拿大蓬;E.Horse weed)
 北アメリカ原産。『中国雑草原色図鑑』245
   イズハハコ
(ワタナ) C. japonica(Erigeron japonicum;白酒草・小白酒草・假蓬・
         山地菊・酒藥草) 日本(本州関東地方以西・四国・九州・琉球)・中国(福建・兩廣
         
・四川・雲南・貴州)・臺灣・マレーシア・インド・アフガニスタンに分布。
   C. leucantha(白花白酒草・粘毛假蓬)
   ケナシヒメムカシヨモギ
(ケナシムカシヨモギ) C. parva(Erigeron pusillus,
          E.canadensis var.levis)
 北アメリカ原産 
   C. striata
     var. pinnatifida(羽裂白酒草)
   オオアレチノギク C. sumatrensis(Erigeron sumatrensis;E.Tall fleabane)
         
 南アメリカ(ブラジル)原産 
 ムカシヨモギ属 Erigeron(飛蓬屬)の植物については、エゾムカシヨモギを見よ。
 キク科 Compositae(菊科)の植物については、キク科を見よ。
 
 南アメリカ原産、広く世界の熱帯・亜熱帯・暖帯に分布。
 日本では、昭和初期から記録されている。
 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index