なつしろぎく (夏白菊) 

学名  Tanacetum parthenium (=Chrysanthemum parthenium;Matricaria parthenium;Pyrethum parthenium)
日本名  ナツシロギク
科名(日本名)  キク科
  日本語別名  マトリカリア
漢名  
科名(漢名)  
  漢語別名  
英名 (English Name)  Feverfew
2008/07/21 薬用植物園
 ヨモギギク属 Tanacetum(菊蒿屬)については、ヨモギギクを見よ。
 キク科の植物については、キク科を見よ。
 別名のマトリカリアは、旧属名 Matricaria から。
 種小名は「処女の」の意、純白の花に因む。
 英名は、薬用すると解熱の効があることから。
 ヨーロッパのバルカン半島原産。花期は5-7月。
 日本には明治時代に渡来、観賞用に栽培。北海道・新潟県などに野生化している。
 頭花を食用・薬用にする。



跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index