ながばおもだか (長葉面高)

 学名  Sagittaria graminea
 日本名  ナガバオモダカ
 科名(日本名)  オモダカ科
   日本語別名  ジャイアント・サギタリア(商品名) 
 漢名  
 科名(漢名)  
   漢語別名  
 英名  Grass-leaved sagittaria

2006/04/15 野川公園自然観察園


 オモダカ属 Sagittaria(慈姑屬)については、オモダカ属を見よ。 

  

 北アメリカ原産。品種改良されたものを含めて、世界各地で栽培。
 雌雄異株。日本には雌株のみ帰化。

 日本では Giant sageittaria の名で市販されている。逸出したものは、1970年に京都深泥池で発見、今日では東京都・岡山県にも帰化。日本には雌株のみ帰化していて結実はしないが、走出枝を伸ばして子株を形成して増える。
 繁殖力旺盛なので、逸出した場合在来植物への悪影響が心配されている
(『日本の帰化植物』)

 



跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index