こうほん (藁本) 

学名  Ligusticum sinense
日本名  コウホン
科名(日本名)  セリ科
  日本語別名  
漢名  藁本(コウホン,gaoben)
科名(漢名)  繖形(傘形,サンケイ,sanxing)科
  漢語別名  西芎
英名  
2008/04/17 薬用植物園 2006/06/22 薬用植物園
2004/08/17 薬用植物園

 マルバトウキ属 Ligusticum(藁本屬)については、マルバトウキを見よ。
 漢名は、根の上・苗の下が、禾藁(穀物のわら)に似ていることから(李時珍『本草綱目』)
 深江輔仁『本草和名』(ca.918)藁本に、「和名加佐毛知、一名佐波曽良之」と。
 源順『倭名類聚抄』
(ca.934)藁本に、「和名佐々波曽良之、一云曽良之」と。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』10
(1806)藁本に、「カサモチ延喜式 サゝハソラシ和名鈔 ソラシ同上 今ハ通名」と。
 中国の華中・西北・西南に分布。
 中国では、
   コウホン L. sinense(藁本・西芎)
    L. jeholense(Cnidium jeholense;遼藁本・藁本・熱河藁本)
の根茎を 藁本と呼び、薬用にする。また地方により、
   L. tenuissimum (細葉藁本)
   L. delavayi (黑藁本)
   Conioselinum vaginatum(新疆藁本・鞘山弓)
を、藁本の代用にする。『中薬志Ⅰ』pp.515-519、『中草藥現代研究』Ⅲp.176
 また、四川金佛産の川芎・貴州産の川芎
(センキュウ)は、コウホンである。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index