きしゅうすずめのひえ (紀州雀稗)

学名  Paspalum distichum var. distichum
日本名  キシュウスズメノヒエ
科名(日本名)  イネ科
  日本語別名  カリマタスズメノヒエ(雁股雀稗)
漢名  雙穗雀稗(ソウスイジャクハイ,shuangsuiquebai)
科名(漢名)  禾本(カホン,heben)科
  漢語別名  
英名  Knot grass
2008/07/12京都府立植物園

 変種に、チクゴスズメノヒエ var. indutum がある。
 スズメノヒエ属 Paspalum(雀稗屬)については、スズメノヒエを見よ。
 別名の雁股は、花序の形から。
 広く世界の熱帯に分布。
 日本では、1924年に和歌山県で見いだされ、今日では関東以西の暖地に広く帰化している。
 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index