いぬむらさき (犬紫) 

学名  Lithospermum arvense
日本名  イヌムラサキ
科名(日本名)  ムラサキ科
  日本語別名  
漢名  麥家公(バクカコウ,maijiagong)
科名(漢名)  紫草(シソウ,zicao)科
  漢語別名  大紫草、田紫草
英名  Field gromwell
2005/04/26

 ムラサキ属 Lithospermum(紫草屬)については、ムラサキを見よ。
 
 北半球の温帯(ユーラシア・北アフリカ)に広く分布。中国では、東北・河北・山東・山西・陝西・甘肅・浙江・江蘇・安徽・湖北に分布。
 日本に自生するかどうかは不明。第二次世界大戦後、港湾の地に帰化したものが知られるようになった。
 全体灰緑色で、かたい毛が密生する。茎は高さ20-40cm。葉はやや厚く、無柄で互生し、狭長楕円形。花期は5-6月。花は上部の葉腋に1個ずつつき、萼は深く5裂し、裂片は細長く尖る。花冠は白色で径3-4mm、内面に5条の毛列がある。分果は4個、灰白色で光沢があり、長さ3-4mm、不規則な突起がある(『日本の帰化植物』2003)
 
全体にやや堅い毛を布いて、灰緑色を帯びる。茎は上部でよく分枝して高さ50cmほどになる。葉はひ針形から狭楕円形、やや厚くて全縁、無柄で互生する。春から夏にかけて、直径4mmほどの白色の5裂した花を茎の上部の葉腋に1つずつつける。萼は花後も残り、長さ4mmほどの卵形の4分果を含む(『日本帰化植物写真図鑑』2001)
 高さ20-50cm、茎は基部から多く枝を出し、葉とともに圧剛毛が多い。葉は細く長1-3cm、幅2-9mm、縁はやや裏に巻く。花は4-6月に開き、径3-4mm、白色で喉部に突起が無い。分果は卵形、灰白色で表面にはしわがある
(『日本の野生植物』1981)

 ムラサキは、葉の幅が広く、側脈が明瞭。根は濃紫色。イヌムラサキの葉の幅は狭く、側脈は不明。根は白色か紅紫色
(『日本帰化植物写真図鑑』2001)
 中国では、果実を薬用にする。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index