はごろもも (羽衣藻)

学名  Cabomba caroliana
日本名  ハゴロモモ
科名(日本名)  ハゴロモモ科(ジュンサイ科)、又はスイレン科 
  日本語別名  フサジュンサイ、カボンバ
漢名  
科名(漢名)  
  漢語別名  
英名  
2009/08/23 岐阜県大野郡白川村

 ハゴロモモ科(ジュンサイ科) Cabombaceae には、次の2属がある。
   ジュンサイ属 Brasenia(蓴屬)
   ハゴロモモ属 Cabomba 
アメリカ大陸の熱帯・乃至温帯に6種

 この科の植物は、スイレン科 Nymphaeaceae(睡蓮科) ハゴロモモ亜科 Hydropeltidoideae として扱うことがある。
 ハゴロモモ属 Cabomba には、アメリカ大陸の熱帯・乃至温帯に約6種がある。
   ハゴロモモ
(フサジュンサイ・カボンバ) C. caroliniana 
 
 北アメリカ東南部原産。観賞植物として世界各地に導入、東アジア・ヨーロッパには帰化。
 日本には、昭和初期に小石川植物園に入る。のち、カボンバの名で水草として売られ、金魚藻の一として普及。
 日本で、園芸上金魚藻(きんぎょも)と呼んできたものは、マツモ科 Ceratophyllaceae(金魚藻科)マツモ属 Ceratophyllum(金魚藻屬)マツモ C. demersum(金魚藻)と、アリノトウグサ科 Haloragaceae(小二仙草科)フサモ属 Myriophyllum(■{艸冠に雜}屬)ホザキノフサモ(キンギョモ) M. spicatum(■{艸冠に雜}・泥茜)である。
 ただし、近年金魚藻として売られているものは、多くの場合本種
である。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index