いらんいらんのき

学名  Cananga odorata
日本名  イランイランノキ
科名(日本名)  バンレイシ科
  日本語別名  
漢名  夷蘭・依蘭(イラン,yilan)
科名(漢名)  蕃茘枝(バンレイシ,fanlizhi)科
  漢語別名  依蘭香(イランコウ,yilanxiang)、香水樹、加掌楷
英名  Ylang-ylang
2006/05/03 薬用植物園 (温室)

 バンレイシ科 Annonaceae(蕃茘枝科)については、バンレイシ科を見よ
 イランイランは、タガログ語で「花のなかの花」。
 学名 Cananga は、アンボン島の現地名から。
 インド・東南アジア・オーストラリア北部の熱帯低地に分布。
 世界の各地で栽培、シンガポールでは街路樹として用いる。
 花を蒸留して精油(イランイラン油, ylang ylang oil)を採る。これは 高級調合香料の配合に重要な花香油であり、これから作るイランイラン香水は、19世紀後半からヨーロッパで 最高の香水として流行した。
 また ヤシ油・キンコウボクの花と混合してマカッサル油を作り、調理に用いる。


跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index