シャスタ・デージー 

学名  Leucanthemum×superbum (Chrysanthemum×burbankii)
日本名  シャスタ・デージー
科名(日本名)  キク科
  日本語別名  シャスタギク
漢名  
科名(漢名)  
  漢語別名  
英名 (English Name)  Shasta daisy
2008/07/12 京都府立植物園

 フランスギクに似るが、葉は革質、ふつう花も大きい。
 多くの栽培品種がある。
 学名を L. maximum(Chrysanthemum maximum)とすることがあるが、これはピレネー原産の別種であるという(『朝日百科 世界の植物』1-110)
 フランスギク属 Leucanthemum(濱菊屬)については、フランスギクを見よ。
 シャスタとは、カリフォルニアにある雪を頂いたシャスタ山 Mount Shasta(Cascade山脈にある。標高4317m)に因む。シャスタとは、原住民の言葉で「白色」の意という。
 U.S.A.のバーバンク L.Burbank が1920年ころに作り出した園芸植物。フランスギク・Chrysanthemum lacustre(ポルトガル原産)・ハマギクを交配して作ったというが、不明確な点もある、という(『週刊朝日百科 植物の世界』1-61)
 日本では、観賞用に栽培されるが、しばしば逸出している。
 



跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index