さふらん (サフラン) 
学名  Crocus sativus
日本名  サフラン
科名(日本名)  アヤメ科
  日本語別名  
漢名  蕃紅花(バンコウカ,fanhonghua)
科名(漢名)  鳶尾(エンビ,yuanwei)科
  漢語別名  藏紅花(ゾウコウカ,zanghonghua)、西紅花(セイコウカ,xihonghua)、洎夫藍(サフラン,zafulan)、撒法郎(サツホウロウ,safalang)
英名  Saffron
2006/10/28 薬用植物園
2006/12/14 同上 2007/04/19 同左

 クロッカス属(ハナサフラン属) Crocus(蕃紅花屬)については、クロッカス属を見よ。
 英名は、アラビア語「黄色 zafaran」から。
 仏語では safran、独語では Safran。
 和名は、オランダ語 saffraan の音写
 乾燥した花柱を薬品などとして用い、これをサフランと呼ぶのが本来の用法。
 漢語別名の洎夫藍・撒法郎も、西方言語の音写。
 なお、洎夫藍の洎(キ,ji)は 咱(サ,za・zan)の誤りだが、すでに李時珍『本草綱目』
(ca.1596)が誤用しており、そのまま通用している。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』11(1806)に、「番紅花 チヤフラン羅甸 サフラーン同上 フロウリスエンダーリス紅毛、フロウリスハ花ナリ コロウクスヲリエンダーリ同上、コロウクスハ花ナリ」と。
 南ヨーロッパ乃至小アジア原産。アテネ周辺に自生する C. cartwrightianus(2倍体)から選抜された3倍体。
 漢土には、元(1271-1368)時代に食品として入った(李時珍『本草綱目』)
 日本では、平賀源内『物類品隲(ひんしつ)(1763)に初見。実物は文久年間(1861-1864)に渡来、薬用に栽培した。
 薬品としてのサフランは、強い防腐力を持ち、胃薬・鎮痛剤・酔止め薬として用いた。
 また黄色色素や芳香を含むので、食品・化粧品・薬品などの染料・香辛料・調味料として用いる。
『中薬志Ⅲ』pp.378-380 
 サフランは、花の雌蘂の柱頭を採集し、乾燥して作る。1オンス(28.35g)のサフラン粉を集めるのに、四千以上の花を必要とし、莫大な労力を要したため、古代ギリシア・ローマでは 金と同じ価格で取引されたという。地中海地方ではミノア人が栽培し、クレタ文明はサフラン貿易で栄えた。
 イギリスには14世紀に巡礼が持ち帰り、以後19世紀まで 南部地方で栽培され続けた。
 近世のイギリスでは、茶にサフランの粉を入れるサフラン茶が流行した。今日では、ブイヤベース・パエリアなど、地中海料理の必需品。また観賞用に栽培する。

   つつましき朝の食事に香をおくる小雨に濡れし洎芙藍の花
   四十路びと面さみしらに歩みよる二月の朝の洎芙藍の花
     
(北原白秋『桐の花』1913。サフランは秋ざきだから、下の歌の洎芙藍はクロッカスであろう。)
 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index