ちゃーびる (チャービル) 

学名  Anthriscus cerefolium
日本名  チャービル
科名(日本名)  セリ科
  日本語別名  セルフィーユ
漢名  
科名(漢名)  繖形(傘形,サンケイ,sanxing)科
  漢語別名  
英名   Chervil, Salad chervil
2008/04/17 薬用植物園
2009/04/30 薬用植物園

 シャク属 Anthriscus(峨參屬)については、シャクを見よ。
 和名は英名から。
 仏名はセルフィーユ cerfeuil。
 ヨーロッパ南・東部・西アジア原産。古くから香味植物として知られ、既にローマ時代には栽培されていた。
 花軸が出る前の、柔らかい生の葉あるいは乾燥葉を、主としてフランス料理で用いる。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index