あるかねっと (アルカネット) 

学名  Anchusa officinalis
日本名  アルカネット
科名(日本名)  ムラサキ科
  日本語別名  
漢名  
科名(漢名)  
  漢語別名  
英名  Alkanet
2007/04/19 薬用植物園 2007/05/03 同左
2007/05/26 同上
2007/07/21 同上


 ウシノシタクサ属 Anchusa(牛舌草屬)は、南ヨーロッパ・アフリカ・コーカサスのに、約35種がある。
   ウシノシタクサ
(アフリカワスレナグサ) A. azurea(天藍牛舌草;E.Italian bugloss)
      
地中海地方原産、世界で観賞用に栽培、北アメリカでは野生化。『週刊朝日百科 植物の世界』2-277
   A. capensis(南非牛舌草;E.Cape bugloss)
 南アフリカ原産、世界で観賞用に栽培
   アルカネット A. officinalis 
 ムラサキ科 BORAGINACEAE(紫草科)については、ムラサキ科を見よ。
 属名ウシノシタクサ(牛舌草)は、英名の bugloss(ギリシア語で「牛の舌」)の訳。
 英名 alkanet は、ウシノシタクサ属の植物の総称という。
 
 根の外皮を紅色の染料とする。かつて 化粧品・大理石・木材などの着色に用いた。


跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index