どいつすずらん (ドイツ鈴蘭) 

学名  Convallaria majalis
日本名  スズラン 
科名(日本名)  ユリ科
  日本語別名  ドイツスズラン、タニマノヒメユリ
漢名  鈴蘭(レイラン,linglan) 
科名(漢名)  百合(ヒャクゴウ,baihe)科
  漢語別名  君影草(junyingcao)、草玉鈴(caoyuling)、
英名  Lily-of-the-valley, May lily
  2005/05/09 跡見学園女子大学新座キャンパス
2008/04/29 神代植物公園
2005/06/09 跡見学園女子大学新座キャンパス 2005/10/30 同左
2008/11/19 同上

 スズラン属 Convallaria(鈴蘭屬)について、或は広くユーラシア大陸北部に分布するドイツスズランと、東アジア温帯に分布するスズランの異同については、スズラン属を見よ。
 漢名の鈴蘭・君影草は日本語の輸入。
 『英華大辞典』
(商務印書館,民国)には、Lily-of-the-Valley を野百合花と訳す。
 全草に有毒成分を持つ。
 東京近辺でスズランとして植栽し、或は園芸品店・花屋で流通しているものは、じつはこのドイツスズラン。日本産のスズランはこのあたりでは生育しない、という。
 ヨーロッパでは聖母マリアの花、清らかさの象徴。また五月祭 May Day をスズランの花束で祝い、贈りあう。
 16世紀から広く栽培されるようになったのは、何にでも効く黄金水 aqua aurea と呼ぶ薬の原料として。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index