あまめしば  

学名  Sauropus androgynus
日本名  アマメシバ
科名(日本名)  トウダイグサ科
  日本語別名  
漢名  守宮木(シュキュウボク,shougongmu)
科名(漢名)  大戟(ダイゲキ,daji)科
  漢語別名  
英名  
2004/08/24 薬用植物園

2006/05/06 薬用植物園 (温室)

2007/12/25 同上(温室)


 アマメシバ属 Sauropus(守宮木屬)には、次のようなものがある。
   アマメシバ S. androgynus(守宮木)
   S. rostrata(龍■
{月偏に利}葉・龍舌葉) 『中国本草図録』T/0178 
 トウダイグサ科 EUPHORBIACEAE(大戟科)については、トウダイグサ科を見よ。
 
 四川・雲南・フィリピン・ベトナム・インドネシア・インドに分布。
 東南アジアでは嫩葉を蔬菜とする。
 日本では健康食品として著名であったが、2003年8月に健康被害が報告された。



跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
セイヨウオダマキ タカサゴユリ マリアあざみ ヤグルマギク センダングサ 跡見群芳譜トップ 外来植物譜index