うすゆきそう (薄雪草)

学名  Leontopodium japonicum
日本名  ウスユキソウ
科名(日本名)  キク科
  日本語別名  
漢名  薄雪火絨草(ハクセツカジュウソウ,boxuehuorongcao)
科名(漢名)  菊(キク,ju)科
  漢語別名  薄雪草、火艾
英名  
2008/07/24 長野県蓼科山

 ウスユキソウ属 Leontopodium (火絨草屬)には、東アジアには次のようなものがある。
   L. andersonii (松毛火絨草)
   L. artemisiifolium 
『雲南の植物』226
   L. calocephalum (美頭火絨草)
   L. campestre
中央アジア産
   ハナウスユキソウ L. conglobatum(剪花火絨草) 『中国本草図録』Ⅸ/4375
   L. dedekensii (戟葉火絨草) 『中国本草図録』Ⅷ/3884
   エゾウスユキソウ L. discolor
   ミヤマウスユキソウ
(ヒナウスユキソウ) L. fauriei
     ホソバヒナウスユキソウ var. angustifolium
   L. forrestianum
中国(雲南)に分布
   L. franchetii (堅杆火絨草)
         
『雲南の植物』229・『中国本草図録』Ⅷ/3885・『週刊朝日百科 植物の世界』1-83
   L. hapophylloides (香芸火絨草) 
『雲南の植物』227
   ハヤチネウスユキソウ L. hayachinense
   L. jacotianum var. caespitosum 
『雲南の植物』228・『朝日百科 世界の植物』1-46
   ウスユキソウ L. japonicum (薄雪火絨草・薄雪草・火艾)
     コウスユキソウ var. spathulatum
     ミネウスユキソウ var. shiroumense
     カワラウスユキソウ var. perniveum
   チシマウスユキソウ L. kurilense
   L. leontopodioides (火絨草・火絨蒿・大頭毛香・老頭草)
        
 『中国本草図録』Ⅲ/1401・『中国雑草原色図鑑』261
   L. longifolium (長葉火絨草・兔耳子草)

         『中国本草図録』Ⅵ/2900・『中国雑草原色図鑑』261

   カワカミウスユキソウ L. microphyllum
臺灣の高山に分布
   オオヒラウスユキソウ L. miyabeanum(L.hayachinense var.miyabeanum)
   L. monocephalum
ヒマラヤ産。『週刊朝日百科 植物の世界』1-84
   L. nanum (矮火絨草)
 『朝日百科 世界の植物』1-47
   ヒメウスユキソウ
(コマウスユキソウ) L. shinanense
   L. sinense (華火絨草)
   L. smithianum (絹茸火絨草)
『週刊朝日百科 植物の世界』1-83
   L. stracheyi (毛香火絨草) 『中国本草図録』Ⅷ/3886
   L. subulatum (鉆葉火絨草・苦艾) 
『雲南の植物』228

 また、しばしば
   
セイヨウウスユキソウ(エーデルワイス) L. alpinum (高山火絨草)
         
 ヨーロッパ(高山・亜高山)原産
を、観賞用に栽培する。
 キク科 Compositae(菊科)の植物については、キク科を見よ。
 
 日本(本州・四国・九州)・中国(河南・安徽・湖北・陝西・甘肅)に分布。
 埼玉県では、絶滅危惧Ⅱ類(VU)。
 

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index