つめくさ (爪草) 

学名  Sagina japonica
日本名  ツメクサ
科名(日本名)  ナデシコ科
  日本語別名  タカノツメ、ヒヨコグサ、ホタルグサ、スズメグサ
漢名  漆姑草(シツコソウ,qigucao)
科名(漢名)  石竹(shizhu)科
  漢語別名  爪槌草
英名  Pearlwort
2005/05/09


 ツメクサ属 Sagina(漆姑草屬)には、北半球に約20種がある。
   イトツメクサ S. apetata
ヨーロッパ原産
   ツメクサ S. japonica (漆姑草)
 『中国雑草原色図鑑』57
   ハマツメクサ S. maxima
   アライドツメクサ
(アライトツメクサ・トヨハラツメクサ) S. procumbens 歐洲原産
   チシマツメクサ S. saginoides 
 ナデシコ科 Caryophyllaceae(石竹科)については、ナデシコ科を見よ。
 和名は、葉の形を鳥の爪に擬えて。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』12(1806)蜀羊泉の条に、「漆姑草ハ タカノツメ 一名スゞメグサ江戸 コゞメグサ豫州 テンジン泉州 テンジンノツメ同上 ホンザウ防州 チリチリグサ薩州」と。
 日本・朝鮮・中国・樺太・千島・インド・ヒマラヤ・チベットに分布。
 中国では、全草を薬用にする。


跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index