すずかけそう (鈴懸草)

学名  Veronicastrum villosulum (Botryopleuron villosulum)
日本名  スズカケソウ
科名(日本名)  ゴマノハグサ科
  日本語別名  
漢名  毛葉腹水草(モウヨウフクスイソウ,maoyefushuicao)
科名(漢名)  玄參(ゲンシン,xuanshen)科
  漢語別名  仙人橋(センニンキョウ,xianrenqiao)、狗尾巴(コウビハ,gouweiba)
英名  

2009/07/11 京都府立植物園

 クガイソウ属 Veronicastrum(腹水草屬)については、クガイソウを見よ。
 和名は、球形の花序の連なる様子を 山伏の鈴懸(すずかけ)になぞらえて。
 日本・中国(安徽・浙江・江西・福建)に分布。
 日本では、江戸時代に観賞用に栽培した。今日、岐阜県の2ヵ所に見られる群落は栽培品の逸出とされるが、1989年徳島県貞光町で自生品が確認された。
 薬用にし、刀傷を治す。

跡見群芳譜 Top ↑Page Top
Copyright (C) 2006- SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.
クサコアカソウ シュロソウ スハマソウ イワチドリ チダケサシ 跡見群芳譜トップ 野草譜index